2014年06月24日

J2 第18節 ザスパクサツ群馬 戦(正田醤油スタジアム群馬)2014年06月14日(土)

gunma_top.jpg

決めきる日々を待つ



第18節、敵地での連戦、正田醤油スタジアム群馬で、前節からの連勝を狙うザスパクサツ群馬と闘う。
今の戦績は熊本が上回っている、彼我のチーム力の差を示して、第 8節以来のアウェイ戦での勝利を持ち帰ろう。

熊本ゴール裏を埋めるファン・サポーターはおよそ100人、想いの強さと濃さは、群馬ゴール裏のそれに負けていないはず。
リーグ戦の日程上早くも迎えた、おそらく関東でのシーズン最後の応援ツアーを彩りたい想いもある。

風下となるサイドに陣取った前半、優勢にゲームに入ったと思われたが、早々に思わぬ先制点を奪われる。
しかし今の熊本には、先制されたところで撃ち返す強い力がある、心配などまったく感じられない、ゴール裏の声はむしろ強気を増して選手たちを押す。

失点の直後からの途切れない速い攻撃、切り込んだ澤田崇選手が左脚を振り抜く、ボールは群馬ゴールに吸い込まれ、簡単に同点に追いつく。
攻撃的なフォーメーションが効いている、熊本のペースだ、早く勝負を決めてしまいたい。

後半、熊本のスタイルはできている、相手からのたいした脅威などない、シュートも前半を上回っている、攻め続ける。
でもゴールが遠かった、9試合目のドロー...ゴール裏を訪れた選手たちの健闘を称え、次節のホームでの勝利を約して、終戦となった。

決して悪くない闘いだった、むしろゲームを制していた闘いだった。
今日も、勝利は眼の前にあった、今日も、それを掴み取るために、決めきるだけだった、

無論、チームもファン・サポーターもこれに満足していない、でも、共にこれを乗り越える手応えと自信を持っている。
今日までの、負けない日々に蓄えてきた力が、決めきる力になり、そうして、決めきったことを、共に喜ぶ日々を迎える時が、眼の前に訪れていることを信じて待とう。

text by hineko /photo by bellstar


67.jpg
65.jpg
posted by report at 09:02| 試合レポート

2014年06月02日

J2 第15節 栃木SC 戦(栃木グリーンスタジアム)2014年05月24日(土)

53.jpg


もう一歩を踏み出す勇気を育てる

ここまでいい闘いを続けている、そろそろこの先の世界に躍り出る時だ。
第15節、対する相手は栃木SC、夏の入りの暑く晴れ渡った北関東の空に、門出のカモンロッソを轟かせてやろう。

栃木県グリーンスタジアムの熊本ゴール裏に参じたファン・サポーターは、新宿初のバスツアーの参戦者を中心に50人というところか。
いい、十分だ、大丈夫、3,000人くらいの敵に臆することはない。

序盤から、熊本が優勢に試合を進める。
前線に起点を定めた速い攻撃を続けて、栃木が意図する攻守の態勢をつくらせない、これまでとやや違う攻撃的なアプローチ、熊本が結実を得る時が遠くなさそうな展開だ。

その時をものにしたのは、おそらく今日のこの闘いかたのキーとなるべくトップ下に配された養父雄仁選手、敵の最終ラインを見事に崩すシンプルなパスワークからの、見事なフィニッシュ。
快心のバースデーゴール、熊本ゴール裏の一角から沸き起こった歓喜の赤い波動が、スタジアムを覆う。

このまま後半に入り、決戦の道筋を探る両チーム。
まずは栃木が反攻に出る、熊本の右サイドを攻撃の起点に定めて同点弾を決めるや、熊本も勝負どころ、その右サイドからの逆襲に出る。

巻誠一郎選手を狙って、大迫希選手が放つアーリークロスが、絶妙に効いている。
この眼前にあるゴールに叩き込んで終えよう、熊本に勝利を持って帰ろう...しかし及ばず、無常のタイムアップのホイッスル。

負けなかった、でも勝ちきることができなかった。
負けさせなかった、でも勝ちきらせることができなかった。

試合の局面々々で迎え撃つ小さな闘いのひとつひとつにも、あと少しの力を注いで制しようとする気持ち、いや、そうすることでもう一歩を踏み出そうとする勇気が、足りなかったのかもしれない。
少なくとも、上位圏を狙ってせめぎあうクラブの間に大きな力の差などはないはず、だから、ロアッソ熊本のチームもサポーターも、このもう一歩を踏み出す勇気を、ひとつひとつの試合を重ねるごとに逞しく育てて、この先の世界に躍り出るための決定力にできたらいい。

text by hineko /photo by supporters
Bozv0SPIIAANRIA.jpg20140524_tochigiSC_003.jpg39.jpg29.jpg38.jpg20140524_tochigiSC_002.jpg55.jpg52.jpg
posted by report at 23:30| 試合レポート

2014年05月18日

J2 第14節 東京ヴェルディ 戦(水前寺陸上競技場)2014年05月18日(日)



ロアッソ熊本 0-0 東京ヴェルディ

photo by A's & miyamoto

posted by report at 00:00| 試合レポート

2014年05月12日

J2 第13節 湘南ベルマーレ 戦(うまかなよかなスタジアム)2014年05月11日(日)



ロアッソ熊本 1-3 湘南ベルマーレ

photo by A's & miyamoto

posted by report at 00:00| 試合レポート

2014年05月11日

J2 第12節 コンサドーレ札幌 戦(札幌ドーム)2014年05月06日(火・祝)

Alderas Report_2014#12_top.jpg

コンサドーレ札幌 2 - 2 ロアッソ熊本

己れを求め己れに克つ



連戦の疲労がピークに達しているであろう第12節、遠く北の大地に乗り込み、歴戦の好敵、コンサドーレ札幌に挑む。
2戦続けてのゴールレスながらも6戦無敗、この一戦に、前節に見せた強い攻めの意識を実らせて、チームの力強さをさらに固めてほしい。

12,000人を超す観客を集めた札幌ドーム、熊本ゴール裏には道内各地からの参戦者も加えておよそ50人、でも愛するチームを後押しする気持ちの強さに、数などは問題ではない。
今日のピッチには雪も雨も風ない、でも今のチームの闘う意識の高さに、場などは問題ではない。

序盤、最初の決定機をつかんだのは熊本、巻誠一郎選手がクロスに合わせて、ボールはゴールの中へ。
一瞬に沸騰するゴール裏、しかし判定はファウル。

熊本のハイプレスな攻守は今日も変わらないが、サイドがやや低いか。
最終ラインは安定している、札幌の攻め上がりを潰し、バイタルエリアに入れさせない。

攻防が続く中、コーナーキックから、 園田拓也選手が念願の先制ゴールを決める。
爆発するゴール裏、チームの勢いは止まらない、前半もアディショナルタイム、絶好の時間にペナルティキックを得る。

キッカーは岡本賢明選手、古巣のゴールとゴール裏にひとり対峙する背番号14の姿が絵になる、なおも彼を愛する札幌のファン・サポーターの想いにも応える一撃で、熊本の優勢を決めてほしい。
緊迫を裂く一閃、しかしボールはゴールを外れ、スタジアム中がため息に覆われる。

後半、札幌のボールがつながり始めた一瞬の隙に、対応するのが難しいエリアに深く放り込まれたクロスから、同点弾を決められる。
流れを再び変えたい、そして耐えて得たコーナーキック、ニアサイドにフリーで擦り寄った養父雄二選手がグラウンダーをダイレクトに流し込み、逆転。

札幌は砂川誠選手を投入、ゴール裏に嫌な記憶が甦るや早々に、見事なフリーキックを決められて追いつかれる。
両チーム共に前がかりになり、頻々に攻守が入れ替わる、選手たちの運動量が増して体力は費やされ続ける、残るは15分間、ここが勝負どころ。

最後の攻勢に出る熊本、声を振り絞るゴール裏は、決戦に臨むチームと完全に一体だ。
藤本主税選手、齊藤和樹選手のシュートが立て続けにクロスバーを叩く、想いは届かないのか...

そして決着が着かぬまま、タイムアップのホイッスル。
死力を尽くした両チームの選手たちが次々とピッチに倒れ込む、素直に称賛と感動を禁じえないシーンで闘いは終わった。

己れを求め続ける、さらなる高みを目指して、現在の己れを乗り越え続ける。
そのすべてが、なおも過程にある、だから驕りも畏れもない、気負いも一喜一憂する揺れもない、今のチームには、そんなひたむきな在りようを感じる。

クラブの危機解消を支援する活動が、順調に軌道に乗りつつある。
チームがこのひたむきな在りようの成果を確実に示していることが、ロアッソ熊本の魅力を高めていることは間違いない。

それでも、戦後にゴール裏を訪れた今日の選手たちの顔には、悔しさがにじんでいた。
次節は、図らずも迎える、ここまで全勝の強敵との巡り合わせ、でも相手は関係ない、今日のこの己れに克ってほしい。

text by hineko / photo by mykm & maririn



AlderasReport_2014#12_010.jpgAlderasReport_2014#12_009.jpgAlderasReport_2014#12_008.jpgAlderasReport_2014#12_007.jpgAlderasReport_2014#12_006.jpgAlderasReport_2014#12_005.jpgAlderasReport_2014#12_004.jpgAlderasReport_2014#12_003.jpgAlderasReport_2014#12_002.jpg
posted by report at 13:55| 試合レポート

2014年05月03日

J2 第11節 ファジアーノ岡山 戦(うまかなよかなスタジアム)2014年05月03日(土)



ロアッソ熊本 0 - 0 ファジアーノ岡山

続けていくこと



ゴールデンウィーク連戦の真っ只中、
前節は苦しみながらもアウェイで勝ち点1を奪取し迎えるホーム戦、相手は岡山、連勝中と波に乗っている。

連休の初日、絶好の天気でサポーターの出足は好調、今節も良いスタジアムの雰囲気が作れそうだ。

クラブは危機かもしれないが、いい意味でそれを感じさせないところはある。
募金も沢山のサポーターが並んでいたし、サポーター主導で色々と動きもあるみたいだ。熊本の底力を見せたい。

さて、試合はいつものように最初からハイプレスに奔走。相手の自由を奪いにかかる。
サポーターもそれに呼応して最初から飛ばし、声を張り上げる。ゴール裏のサポーターも増えてきたように思える。
果敢に攻守に走り、球際に激しく向かう選手達、ポストを叩く決定機を迎えるも決まらずスコアレスで前半を折り返す。

相手の好きにさせないプレイスタイルが確立しつつあって、ズルズルを崩れていくことはまず無いと思わせるサッカー、あとは相手のゴールネットを揺らす作業だけ。
幾度となく相手ゴールに迫る。
ゴール裏も声のトーンをもう一段階上げる。
手拍子が大きくなっていき、スタジアム全体でイレブンを押す、押す。
包み込むような雰囲気を創り出し、後は歓喜の瞬間を待つだけだったのだが。
スコアレスでホイッスルを聴くことになった。

またもドロー、だがポジティブに捉えていこう、そう思える勝ち点1。6試合連続の勝ち点奪取。熊本のサッカーをブレずに続けていることが良い方向に向かってる。
そしてラスト10分のスタジアムの雰囲気は素晴らしいものだった。
この後押しを最初から続ければもっともっと上に行ける。

次節は一番遠いアウェイ、札幌。まだまだ厳しい日程が続くが、今のサッカーなら負けるところなんてない。
続けていくことが大事だ。
サッカーも、応援も、クラブを支えていくことも。

text by takana / photo by A's & miyamoto & mykm


posted by report at 00:00| 試合レポート

2014年05月01日

J2 第10節 水戸ホーリーホック戦 (ケーズデンキスタジアム水戸) 2014年4月29日(祝)

Aldrep_2014#10_top.jpg


180万+馬力で闘う

中 2日間のタイトな日程で迎えた第10節。
4連勝を賭けて臨んだ前節は、惜しくもドローに終わったが、それでもなお 4戦無敗の好調な状態で、アウェイの闘いに挑む。

チームは、目指すサッカーのスタイルの確かさをプレーと結果で示している。
ファン・サポーターは、その力強さへの手応えを感じつつあるだろう。

対するは、前節まで 3戦無敗とやはり好調な水戸ホーリーホック、戦前の順位こそは後塵を拝しているが、勝点は同じ14、通算の対戦戦績もイーブン。
直接対決を制して、混戦の中位圏を抜け出し、プレーオフ圏に躍り出たい。

雨が予想されていたこの日の関東地方であったが、何とか持ち堪えてくれた。
肌寒い曇天のケーズデンキスタジアム水戸に駆けつけたファン・サポーターは、東京発のバスツアー参戦者を含めておよそ80人、士気は高い、ゴール裏はすごくいい雰囲気だ。

高い守備ラインを敷いての前線でのアグレッシブなプレス、ボールを奪ってからの速いフィードからカウンターへ、序盤から、熊本のスタイルは今日もブレていない。
中盤でのボール際の激しい攻防が続く中、水戸が徐々に適応して攻勢に出るも、ハーフタイムをはさんで、熊本も的確に修正して反撃に出る。

ミドルシュートを狙うなど、変化をつけた攻撃で打開を図るが、どうしてもゴールを割ることができない。
しかし相手も同じ、共に凌ぎ攻めつつも決定機を逸しながら、一進一退の時間が過ぎていき、終盤を迎える。

水戸が最後の猛攻に出る、アディショナルタイムは 4分間、ここが今日の熊本に試されるところ...
守備陣は身体を張って見事に耐え切った、そしてスコアレスドローでタイムアップ。

無失点で勝点 1を積み上げて、順位も上げた。
チームは、終盤の失点というこれまでの課題を自ら克服して、この結果を得た。

今シーズン初出場の藤本主税選手と大迫希選手が、何のギャップも感じさせない活躍を見せた。
チームは、誰が出場しても確かに変わることなく、目指すサッカーのスタイルを貫いた。

激闘を終えて、ゴール裏を訪れた選手たちの顔は明るく、迎えるファン・サポーターの声も前を向く想いに満ちていた。
5戦無敗を続ける今の力強さは、もはや一時のものではあるまい、厳しい闘いは続くが大丈夫、この力強さを見せてやろう。

さて、前節の試合開始前、クラブからの発表を受けて、関東でもサポーターミーティングを開き、自らが現状を知り、自らができることを考える時間を持った。
その結果たる取り組みのいくつかは、既に、実行に移されつつあり、関係各位からの少なからぬご理解とご協力を賜っている。

遠く離れたところにも、ロアッソ熊本を応援してくれる力が、まだまだある。
ロアッソ熊本は、まさに「180万+馬力」を背に闘っている。

text by hineko / photo by sakonora

Alderas Report_2014#10_09.jpgAlderas Report_2014#10_07.jpgAlderas Report_2014#10_06.jpgAlderas Report_2014#10_05.jpgAlderas Report_2014#10_03.jpgAlderas Report_2014#10_02.jpgAlderas Report_2014#10_01.jpgAlderas Report_2014#10_04.jpg
posted by report at 22:49| 試合レポート

2014年04月26日

J2 第9節 ヴィファーレン長崎戦(うまかなよかなスタジアム)2014年04月26日(土)





ロアッソ熊本 1 - 1 ヴィファーレン長崎

嬉しさも悔しさも



今節4連勝を掛けて迎え討つのは長崎、バトルオブ九州早くも3戦目。
GW連戦の初戦、勢いをつけるためにも勝って次につなげたい。

試合は当然序盤から激しく追い、ボールを奪いにかかる。
いつもと違ったのは奪ってからの縦へのスピードが余り感じられず、割りと回してから攻めているようだった。
後半に勝負をするのか、と思いきや先手を取ったのは熊本、ロングスローから澤田が叩き込んで先制!
大きな先制弾にスタジアムも沸いた。

この緩い流れの中で先制出来たのは本当に大きい。
後半も同じ流れを繰り返す。
相手もさすがに上位、ドンドンとつないで迫ってくるが、寸でのところで失点させない。
スタメンが変わろうと、大きく崩れない戦える集団になりつつある。

いよいよ、ロスタイムに入ろうとするところ、澤田がひとりでカウンターを仕掛ける。上がりを待たず、サイドに流れてキープもせず、勝負をかけるも惜しくもサイドネット。
この時間帯でもこの意識、この運動量。サポーターも負けられない。

しかし、一発のロングボールで事態は一変、裏に抜けられまさかの被弾にスタジアムは悲鳴の渦と化した。
そのままホイッスル、またもバトルオブ九州は追いつかれてのドロー劇となった…

試合前に、ロアッソ熊本存続に向けたサポーターミーティングが開催された。
クラブの想いを社長はじめフロントの方々が切実に伝え、会場の全員が、存続への意識、そして選手達を支える意識をひとつにした。

スタジアム各所で行われた募金、たくさんの子供たちも募金をやってくれてて、その子供たちの夢であるJリーグをここで終わらせてなるものかと胸が熱くなった。また長崎のサポーターの方々も募金して頂き、改めてサッカーファミリーのありがたさを感じた。

得点の嬉しさも、失点の悔しさも味わった。
これもロアッソ熊本というクラブがあってこそ。
次節は嬉しさを多めに味わおう。
そして来年も、これからもずっと同じように嬉しさ悔しさを味わいたい。
頑張ろう、熊本。


text by takana /photo by suporters


posted by report at 00:00| 試合レポート

2014年04月20日

J2 第8節 モンテディオ山形 戦(NDソフトスタジアム山形)2014年04月20日(日)



満開の桜のもとで掴み取った3連勝



満開の桜
満面の笑み
最高の雰囲気

選手、スタッフ、サポーターみんなが「心を一つに」勝ちきった。去年5月以来の3連勝となった。

畑・永井の離脱によってゴールキーパーが1名となった熊本は、前日加藤ゴールキーパーコーチを「背番号31 加藤竜二」として選手登録。
チームの危機ではあるが非常にいい雰囲気でアップがはじまった。
「リュージ!リュージ!」というコールに恥ずかしそうな笑みを浮かべる加藤選手。そして、金井は集中した表情でアップを進めた。

この日のサポーターは30名ほど。日曜ナイターのゲーム、そして山形という熊本からのアクセスが影響したせいもあり、サポーターは少なめ。
しかし、勝ちたいという気持ちは5700名の山形サポーターに負けることはない。熱く楽しい後押しを目指した。

試合はロアッソのアグレッシブさが目立つ展開が多かった。とにかく前からアグレッシブに山形の選手にプレスをかける。また両チームセットプレーを牽制しあう展開が続いた。

先制ゴールは園田。岡本の美しいクロスはファーにいた園田。
古巣相手に美しい先制ゴールであった。
ゴール裏からは誰がゴールしたのか見えなかったが、園田を後押しするサポーターの掲げたゲーフラが誇らしく掲げられ、園田ゴールを確信。再び沸くゴール裏。前半を0-1で折り返した。

後半に追加点が欲しい!
良いゴール裏の雰囲気で後半スタート。数々のピンチがあったが、サポーターが勝たせたい!絶対に勝ちたいという思いがだんだんと大きなうずになる。人数は30人しかいなかったろう。だけど、その人数を感じさせない雰囲気がどんどんとチャンスをつかんでいく。

山形DFがゴールキックへ逃げようとしたボールを斎藤が奪う。2回またいで左足でぶち込む。2点目。
頼れるエースが良い時間に決めた。

その後、山形の勢いが増し失点。2-1となり、ピンチがふえる。篠原、巻、ファビオを投入し防ぐ時間が続く。
10分以上あっただろう。サポーターの声は増すばかり。衰えることなく勝ちたい、勝たせたいという気持ちをぶつけた。

試合終了と同時に喜びを爆発。
最高のカモンロッソで3連勝でホームにバトンタッチ。勝った次の試合が大事。この意識を今シーズン常に持ち続けてサポーターも戦おうじゃないか。


最後に、山形でのチームトレーニング会場となったサッカー場のオーナーさんが熊本の応援に来てくださった。こういう出会いもアウェイならでは。改めて感謝とともに、また会える日を楽しみにしたい。


text by tokiyan / photo by supporters


posted by report at 00:00| 試合レポート

2014年04月13日

J2 第7節 カマタマーレ讃岐 戦(うまかなよかなスタジアム)2014年04月13日(日)



強烈な恩返しを



前節で作った流れをそのままに、同じように走り切って勝利を引き寄せた。
快勝で今季初の連勝達成、良い状態でアウェイへとつなげることが出来る。

相手は前節同様に意識してしまう相手、讃岐。Jの舞台では初対戦となる。
スタッフに北野監督、上村ヘッドコーチ、選手には泰、翔平、岡村、そして木島とロッソからロアッソへと移り変わる時代を支えてくれた面々が並ぶ。
強烈な恩返しをしようじゃないか。

朝から続く雨は一向に止む気配も無く、夜になると気温はグッと下がった。それでもうまスタには6,500名程のサポーターが勝利を後押ししようと駆けつけた。
前節からの良い流れを、そしてスタジアムの良い雰囲気を絶やさぬよう、試合前から気合いを押し出す。

今節は金井が急遽スクランブルで先発。リーグ戦初出場でしかも生憎のピッチコンディション。しっかりと名前を呼んで後押しを行う。

序盤から出足鋭く、球際激しく。
最初のチャンス、時計は2分少々回ったところ、変化を加えたCKを沈めて早々に先制に成功!
その後も集中して相手を追い込みチャンスを作らせない。虎視眈々と狙うが追加点を獲るまでは至らず前半を折り返した。
前半終盤グダグダになりかけた。ここでもう一度スタジアムの雰囲気を変えていかねば。

後半になるとプレスが一層激しさを帯び、徐々に相手が慌てだす。
そして58分に待望の追加点。サイドチェンジから片山のクロスを数的有利の状態で仲間が合わせてネットを揺らした。
ここで勝利を確信、などということは無い。
当たり前のように前線から速いプレスを愚直に繰り返し、ジリジリと相手を追い詰めていく。
後半75分にはスペースへのボールを狙っていた岡本が受けて熊本での初ゴールを決め、89分には仲間がダメ押しとなる2点目を沈めて4−0と大きく引き離すことに成功。

ここで終わりたかったがロングスローから中途半端な対応で1失点を喫す。が、金井にはいい経験になったことだろう。

最後はゴール裏にみんな集まりカモンロッソ!冷たい雨風なんて感じない位に楽しい時間!

今節も良いサッカー、良い後押しが出来たと思う。
だけど大事なのは続けていくこと。続けていける雰囲気を作ること。次も継続して、3連勝にチャレンジしよう!

text by takana / photo by A's & miyamoto & kaori


posted by report at 00:00| 試合レポート