2014年04月26日

J2 第9節 ヴィファーレン長崎戦(うまかなよかなスタジアム)2014年04月26日(土)





ロアッソ熊本 1 - 1 ヴィファーレン長崎

嬉しさも悔しさも



今節4連勝を掛けて迎え討つのは長崎、バトルオブ九州早くも3戦目。
GW連戦の初戦、勢いをつけるためにも勝って次につなげたい。

試合は当然序盤から激しく追い、ボールを奪いにかかる。
いつもと違ったのは奪ってからの縦へのスピードが余り感じられず、割りと回してから攻めているようだった。
後半に勝負をするのか、と思いきや先手を取ったのは熊本、ロングスローから澤田が叩き込んで先制!
大きな先制弾にスタジアムも沸いた。

この緩い流れの中で先制出来たのは本当に大きい。
後半も同じ流れを繰り返す。
相手もさすがに上位、ドンドンとつないで迫ってくるが、寸でのところで失点させない。
スタメンが変わろうと、大きく崩れない戦える集団になりつつある。

いよいよ、ロスタイムに入ろうとするところ、澤田がひとりでカウンターを仕掛ける。上がりを待たず、サイドに流れてキープもせず、勝負をかけるも惜しくもサイドネット。
この時間帯でもこの意識、この運動量。サポーターも負けられない。

しかし、一発のロングボールで事態は一変、裏に抜けられまさかの被弾にスタジアムは悲鳴の渦と化した。
そのままホイッスル、またもバトルオブ九州は追いつかれてのドロー劇となった…

試合前に、ロアッソ熊本存続に向けたサポーターミーティングが開催された。
クラブの想いを社長はじめフロントの方々が切実に伝え、会場の全員が、存続への意識、そして選手達を支える意識をひとつにした。

スタジアム各所で行われた募金、たくさんの子供たちも募金をやってくれてて、その子供たちの夢であるJリーグをここで終わらせてなるものかと胸が熱くなった。また長崎のサポーターの方々も募金して頂き、改めてサッカーファミリーのありがたさを感じた。

得点の嬉しさも、失点の悔しさも味わった。
これもロアッソ熊本というクラブがあってこそ。
次節は嬉しさを多めに味わおう。
そして来年も、これからもずっと同じように嬉しさ悔しさを味わいたい。
頑張ろう、熊本。


text by takana /photo by suporters


posted by report at 00:00| 試合レポート

2014年04月20日

J2 第8節 モンテディオ山形 戦(NDソフトスタジアム山形)2014年04月20日(日)



満開の桜のもとで掴み取った3連勝



満開の桜
満面の笑み
最高の雰囲気

選手、スタッフ、サポーターみんなが「心を一つに」勝ちきった。去年5月以来の3連勝となった。

畑・永井の離脱によってゴールキーパーが1名となった熊本は、前日加藤ゴールキーパーコーチを「背番号31 加藤竜二」として選手登録。
チームの危機ではあるが非常にいい雰囲気でアップがはじまった。
「リュージ!リュージ!」というコールに恥ずかしそうな笑みを浮かべる加藤選手。そして、金井は集中した表情でアップを進めた。

この日のサポーターは30名ほど。日曜ナイターのゲーム、そして山形という熊本からのアクセスが影響したせいもあり、サポーターは少なめ。
しかし、勝ちたいという気持ちは5700名の山形サポーターに負けることはない。熱く楽しい後押しを目指した。

試合はロアッソのアグレッシブさが目立つ展開が多かった。とにかく前からアグレッシブに山形の選手にプレスをかける。また両チームセットプレーを牽制しあう展開が続いた。

先制ゴールは園田。岡本の美しいクロスはファーにいた園田。
古巣相手に美しい先制ゴールであった。
ゴール裏からは誰がゴールしたのか見えなかったが、園田を後押しするサポーターの掲げたゲーフラが誇らしく掲げられ、園田ゴールを確信。再び沸くゴール裏。前半を0-1で折り返した。

後半に追加点が欲しい!
良いゴール裏の雰囲気で後半スタート。数々のピンチがあったが、サポーターが勝たせたい!絶対に勝ちたいという思いがだんだんと大きなうずになる。人数は30人しかいなかったろう。だけど、その人数を感じさせない雰囲気がどんどんとチャンスをつかんでいく。

山形DFがゴールキックへ逃げようとしたボールを斎藤が奪う。2回またいで左足でぶち込む。2点目。
頼れるエースが良い時間に決めた。

その後、山形の勢いが増し失点。2-1となり、ピンチがふえる。篠原、巻、ファビオを投入し防ぐ時間が続く。
10分以上あっただろう。サポーターの声は増すばかり。衰えることなく勝ちたい、勝たせたいという気持ちをぶつけた。

試合終了と同時に喜びを爆発。
最高のカモンロッソで3連勝でホームにバトンタッチ。勝った次の試合が大事。この意識を今シーズン常に持ち続けてサポーターも戦おうじゃないか。


最後に、山形でのチームトレーニング会場となったサッカー場のオーナーさんが熊本の応援に来てくださった。こういう出会いもアウェイならでは。改めて感謝とともに、また会える日を楽しみにしたい。


text by tokiyan / photo by supporters


posted by report at 00:00| 試合レポート

2014年04月13日

J2 第7節 カマタマーレ讃岐 戦(うまかなよかなスタジアム)2014年04月13日(日)



強烈な恩返しを



前節で作った流れをそのままに、同じように走り切って勝利を引き寄せた。
快勝で今季初の連勝達成、良い状態でアウェイへとつなげることが出来る。

相手は前節同様に意識してしまう相手、讃岐。Jの舞台では初対戦となる。
スタッフに北野監督、上村ヘッドコーチ、選手には泰、翔平、岡村、そして木島とロッソからロアッソへと移り変わる時代を支えてくれた面々が並ぶ。
強烈な恩返しをしようじゃないか。

朝から続く雨は一向に止む気配も無く、夜になると気温はグッと下がった。それでもうまスタには6,500名程のサポーターが勝利を後押ししようと駆けつけた。
前節からの良い流れを、そしてスタジアムの良い雰囲気を絶やさぬよう、試合前から気合いを押し出す。

今節は金井が急遽スクランブルで先発。リーグ戦初出場でしかも生憎のピッチコンディション。しっかりと名前を呼んで後押しを行う。

序盤から出足鋭く、球際激しく。
最初のチャンス、時計は2分少々回ったところ、変化を加えたCKを沈めて早々に先制に成功!
その後も集中して相手を追い込みチャンスを作らせない。虎視眈々と狙うが追加点を獲るまでは至らず前半を折り返した。
前半終盤グダグダになりかけた。ここでもう一度スタジアムの雰囲気を変えていかねば。

後半になるとプレスが一層激しさを帯び、徐々に相手が慌てだす。
そして58分に待望の追加点。サイドチェンジから片山のクロスを数的有利の状態で仲間が合わせてネットを揺らした。
ここで勝利を確信、などということは無い。
当たり前のように前線から速いプレスを愚直に繰り返し、ジリジリと相手を追い詰めていく。
後半75分にはスペースへのボールを狙っていた岡本が受けて熊本での初ゴールを決め、89分には仲間がダメ押しとなる2点目を沈めて4−0と大きく引き離すことに成功。

ここで終わりたかったがロングスローから中途半端な対応で1失点を喫す。が、金井にはいい経験になったことだろう。

最後はゴール裏にみんな集まりカモンロッソ!冷たい雨風なんて感じない位に楽しい時間!

今節も良いサッカー、良い後押しが出来たと思う。
だけど大事なのは続けていくこと。続けていける雰囲気を作ること。次も継続して、3連勝にチャレンジしよう!

text by takana / photo by A's & miyamoto & kaori


posted by report at 00:00| 試合レポート

2014年04月12日

J2 第6節 横浜FC戦 (ニッパツ三ツ沢球技場)2014年4月5日(土)

トップ画像sakonora05.jpg

見てくれたか俺達熊本の力

サポーターの思いが、選手の思いが、試合終了のホイッスルに爆発した。
間違いなく今季のベストゲーム。

いやでもサポーターが意識する相手だ。横浜FC。
市村、南、匠。ロアッソの礎を築いてくれた、そして育ててくれた選手たちがいる。300人近いサポーターは試合開始前から気持ちがこもっていた。

序盤から前からプレスをかけ、とにかく相手よりも走り、相手よりも気持ちで勝つプレーが続く。斎藤の得点シーンも完璧な流れからの得点だった。養父の優しいパスに片山の諦めないクロス。空いたスペースに信じて走りこんだ斎藤。雄太は反応できなかった。1-0となってからもなお、攻撃は収まらない。守備ではミノルが雄太への恩返しセーブを連発。雄太の背中を見て育ったミノルがビッグセーブ連発でディフェンスラインに安定感を取り戻させた。レフェリングや執拗なプレスから両チーム苛立つこともあったが、橋本が退場してからも数的不利を感じさせない守備で完封。雄太がGKが一番勝ちたい勝ち方といっていた1-0で横浜から勝点3を勝ち取った

熊本のスタイルを貫くこと。選手はピッチで、サポーターはスタンドで。熊本スタイルは試合開始から試合終了まで貫けた。とにかく楽しく、熱く。熱く、楽しく。初めてロアッソを観戦したサポーターもたくさんいただろう。

楽しかったと言ってくれた方が多かった。この思いを是非現地でみたサポーターはたくさんの方に伝えてほしい。今季初アウェイでのカモンロッソ。いつもとちがってたくさんのサポーターが前にならんで選手たちと喜びを分かち合った。

次節は讃岐。
決して楽な相手ではないだろう。楽なチームなんてひとつもない。
だけど、横浜戦で見せた熊本スタイルを選手とサポーターが貫くことが、スタジアム全体で讃岐に襲いかかることができると思う。いやでも意識してしまう監督やコーチ、選手がいるだろう。強烈な恩返しをやってあげようじゃないか。

text by tokiyan / Photo by sakonora & A's

sakonora04.JPGsakonora03.JPGsakonora02.JPGas_1.JPGas_2.JPGas_3.JPGas_4.JPGas_5.JPGsakonora06.JPGsakonora01.JPG
posted by report at 20:06| 試合レポート