2014年06月24日

J2 第18節 ザスパクサツ群馬 戦(正田醤油スタジアム群馬)2014年06月14日(土)

gunma_top.jpg

決めきる日々を待つ



第18節、敵地での連戦、正田醤油スタジアム群馬で、前節からの連勝を狙うザスパクサツ群馬と闘う。
今の戦績は熊本が上回っている、彼我のチーム力の差を示して、第 8節以来のアウェイ戦での勝利を持ち帰ろう。

熊本ゴール裏を埋めるファン・サポーターはおよそ100人、想いの強さと濃さは、群馬ゴール裏のそれに負けていないはず。
リーグ戦の日程上早くも迎えた、おそらく関東でのシーズン最後の応援ツアーを彩りたい想いもある。

風下となるサイドに陣取った前半、優勢にゲームに入ったと思われたが、早々に思わぬ先制点を奪われる。
しかし今の熊本には、先制されたところで撃ち返す強い力がある、心配などまったく感じられない、ゴール裏の声はむしろ強気を増して選手たちを押す。

失点の直後からの途切れない速い攻撃、切り込んだ澤田崇選手が左脚を振り抜く、ボールは群馬ゴールに吸い込まれ、簡単に同点に追いつく。
攻撃的なフォーメーションが効いている、熊本のペースだ、早く勝負を決めてしまいたい。

後半、熊本のスタイルはできている、相手からのたいした脅威などない、シュートも前半を上回っている、攻め続ける。
でもゴールが遠かった、9試合目のドロー...ゴール裏を訪れた選手たちの健闘を称え、次節のホームでの勝利を約して、終戦となった。

決して悪くない闘いだった、むしろゲームを制していた闘いだった。
今日も、勝利は眼の前にあった、今日も、それを掴み取るために、決めきるだけだった、

無論、チームもファン・サポーターもこれに満足していない、でも、共にこれを乗り越える手応えと自信を持っている。
今日までの、負けない日々に蓄えてきた力が、決めきる力になり、そうして、決めきったことを、共に喜ぶ日々を迎える時が、眼の前に訪れていることを信じて待とう。

text by hineko /photo by bellstar


67.jpg
65.jpg
posted by report at 09:02| 試合レポート