2012年07月19日

J2第24節 京都サンガF.C.(熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)7月15日(日)19:00キックオフ


熊本に活力を


先ずは、当試合数日前に九州を襲った未曾有の豪雨により甚大な被害を被った方々に心からお見舞い申し上げると共に、一日も早い復興をお祈り申し上げます。
京都サポーターの方々にはKKウイングにてエール及び横断幕を掲げて頂きありがとうございました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

-----

前日まで恐ろしい程降り続いた雨は上がり、考えられない位の晴天に恵まれたこの日、ホームとアウェイでつないだ勝利は3つで数年振りの4連勝にチャレンジ出来る試合。
しかも連休の中日という好条件。相手は前回対戦で叩きのめされた京都。
確かに4連勝は達成したい。だが今日は連勝云々よりも負ける訳にはいかない。
それはサポーターも解かっている。
久々に多くのサポーターが入っており万全の態勢。

選手達と共に黙祷を行ってキックオフ。
開始早々セットプレイからのビッグチャンスを逃してしまうも序盤の入りはほぼ完璧。
その後もミドルシュートや裏へのボールでチャンスを伺う。
守ってはボールを持った相手にガムシャラに行かず、組織的に寸断。
チャンスというチャンスを全く与えずに前半を終わらせた。
だがこちらも前半終盤あたりから相手の高い位置から出足の早いプレスを嫌って、蹴る、だが高さの無い前線ではどうしようも出来ない状態に陥り始めていた。

前半を終えると、もう全身汗だく。
まとわりつくような暑さは熊本の夏という感じ。
恐らくまだまだこんなものじゃないんだろうけど、これこそ自分達のホームという気がして負ける気はしなかった。

後半に入ると流れは一転、京都のパスが冴えてくる。リスタートも必ずといっていい程早目早目にこなしてリズムを作り出していく。
それでも決定機会を与えない集中した守備を敢行し続けチャンスを狙った。
千葉戦のように1点勝負になるのは明らかでジリジリした展開が続いていた中、81分についに失点してしまう・・・
それでもチャントは止めずにそのままの状態を維持し、まだまだだ、そんな雰囲気を作っていく。
終了間際のチャンスもPKゲットかと思われたドリブルも実らずそのままホイッスル、7試合ぶりの敗戦となってしまった。

選手達も悔しさが前面に出ている。
やはり今週は勝ちたかったというのが正直な気持ち。
選手達はアグレッシブに戦う姿勢を見せていたし、サポーターも同じように戦っていた。
今回アウェイから貰った勝利のバトンはつなぐことが出来なかったけれど試合は続いていくし、またつなげていけばいいこと。
被災地でも同じようにこれから戦いが続く。
共に戦っていく気持ちで残りの試合を精一杯乗り越えていこう。

text by takana/photo by lee

posted by report at 14:27| 試合レポート