2013年03月21日

J2 第4節 ガンバ大阪戦(熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム) 2013年3月20日(水)



ロアッソ熊本 2 - 2 ガンバ大阪

勝ちたかった一戦


松本の大観衆の前で快勝して意気揚々と帰熊、迎える相手、それはガンバ大阪。
クラブ名を聞くだけでJ1に上がったように思えてしまうくらいのビッグネーム。
前々からテレビで見ていた青×黒がうまスタにやってきた。
相手にとって不足なし、サポーターはもう一度開幕戦の気持ちで立ち向かう。

ここ最近随分と桜も咲いて春めいていたのに、今日は朝から冷たい雨が続いていた。
にも関わらず長蛇の列は開幕戦のよう。スタンドもかなり埋まった。
こんな大観衆の前でガンバを相手に勝利し、ホームで今季初のカモンロッソを踊りたい。

雨で緑の濃くなったピッチ上に赤いユニフォームの選手達が誇らしい。
相手選手に良く聞く名前は多いが、所詮同じカテゴリ、臆することなく立ち向かって欲しいと声を上げる。

序盤から松本戦で見せたようなバランス良いサッカーで戦う選手達。
全く引かず、そしてキッチリと各選手達がそれぞれの仕事を果たし、チャンスを創出。
今日もいける、そんな思いを抱いた矢先、ミドルシュート、こぼれ球を見失った隙をつかれて先制点を許す。
この相手にこの程度でそこまで落胆もしてる訳にもいかない。
次、次と促すようにチャントを繰り返す。
だが2失点目も同じように、何かふわっと生まれてしまった。
ファーへのクロス、処理を誤りそれが折り返しとなってそのまま叩き込まれた。
正直、厳しいか、、、いやいや声量を上げるだけ。
サッカーとしては全くやれてるし、ビッグチャンスも作れている。1点を後押ししていくだけ。

後半に入ったと同時にFW北嶋を投入し、フォーメーションの入れ替えを敢行した監督。
松本戦同様、早めの動きを見せる。
更に活性化した熊本のサッカーは、スタジアムに大歓声ををもたらす。
セットプレイ、ショートコーナーから齊藤のヘッド、GKが弾いたところに矢野が詰めて1点ゲット!
更に投入された北嶋が身体を張ってポスト、落とされたボールを仲間がシュートし相手DFに当たって方向が変わりこれで同点!!
大歓声、完全に押せ押せのうまスタの空気、それに後押しされた選手達が次々とゴールに迫る。
このサッカー面白い!!先日このスタジアムで2回戦った選手達とは見違えるようなサッカー。
しかし、あと一歩まで追い詰めたものの結局タイムアップ、ドローに終わってしまった。

勝てたし、勝たなければならない試合だったが、臆することなく立ち向かい、2点ビハインドから追い付いた事に1万2千弱のサポーターからは惜しみない拍手が送られた。
そして選手、サポーター共々失いかけていた自信を、松本戦そしてこの試合で完全に取り戻した。
まだ4節、ここから上がるだけだ。
次はすぐにやってくる。
このペースでやっていこう、カモンロッソを1回でも多くやるために!
text by takana/photo by lee


posted by report at 21:15| 試合レポート