2013年04月19日

J2 第8節 V・ファーレン長崎戦(長崎県立総合運動公園陸上競技場) 2013年4月14日(日)



V・ファーレン長崎 1 - 0 ロアッソ熊本

爆発した悔しさ


試合終了後の数分間の沈黙。
そして、至る所からあがる怒りの声にブーイング。

8年ぶりの対戦は昨シーズンまでロアッソを指揮した高木長崎が勝利。熊本にとっては忘れられない敗戦となった。

この日駆けつけたサポーターは1000人を超えた。熊本からツアーバス16台、自家用車、公共交通機関を使って。また、関西、関東からもたくさんのサポーターがかけつけ、ここはホームかと言わんばかりの赤、赤、赤。

その勢いはウォームアップから爆発した。ホームのサポーターはもちろん、スタジアムDJの声すら聞こえない、いや、隣の仲間の声もかき消されるくらいに大きな声がスタジアムを包んだ。絶対に負けない。四連続引き分けを無駄にしないために選手とともに戦う。ホームでしかやらないHIKARIを選手とともに分かち合い、ピッチへと送る。おそらくアウェイで一番最高の後押しだったに違いない。

しかし、そんなサポーターの姿とは裏腹に、ピッチを駆け回る選手たちの姿は情けないものだった。軽率なプレー、消極的なパス。これだけの後押しがあるにも関わらずなにを恐れているのか。これまで自分たちがやってきたことが全くだせない。「高木さんがやってくる裏をかく」「高木さんに成長した姿を見せたい」誰が言ったのそんなこと。と言わんばかりのプレーの数々にサポーターもフラストレーションが溜まる。とにかく玉際すべて負ける。相手が10人になっても勢いは上がらない。どうしてしまったのか。俺たちの思いはつたわってないのか。

そして、失点。
肩を落とす選手とは対照的にサポーターは必死だった。一生懸命だった。あきらめなかった。

だから怒った。
共に戦う責任があると選手も口にしているし、もちろんそう思ってる。ピッチとスタンドの温度差にガッカリだった。

だけど、ここまで言ったのだからサポーターにだって責任がある。つぎの愛媛戦、現実から目を背けずに選手と共に戦うということ。次の試合。負けるわけにはいかない。勝利。ほしいのは勝利だけだ。

text by tokiyan/photo by lee

posted by report at 00:50| 試合レポート