2013年05月06日

J2 第12節 水戸ホーリーホック 戦(熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム) 2013年5月3日(金)



ロアッソ熊本 3 - 2 水戸ホーリーホック

ここから始まる


極寒の厚別で待ちに待った今季2勝目を挙げて迎える久々のホーム戦。
天候は、前節とは打って変わってさすがは九州と言わんばかりの素晴らしい日和。
というより汗ばむ程の日差し。この温度差、選手達はキツイんじゃないかと思う位だったけれども、久々に手にした勝利はきっとチームを良い方向に導いてくれる。そう信じて止まないサポーター達も列をなす。今日こそうまスタで初勝利してカモンロッソを。

ケガでなかなか思うようにオーダーが組めないチーム事情、先日発表された新加入選手2人が早速スタメンに名を連ね、いよいよ吉田監督が勝負をしてきた感じがした。

今節の相手は水戸。
ここ最近の好調ぶりは目を見張るがとにかく勝ちたい。
ここで勝たないとまたホーム初勝利が先になる。
何が何でも勝って勢いを付けたい。
そんな思いをHIKARIに込め。

キックオフから球際にガンガン行く熊本。
お互いの選手が倒れる回数が多い。
新加入、初スタメンの堀米は短いステップのドリブルでアクセントを付け、橋本はボール奪取と奪ってからボールを散らす作業をキッチリとこなして能力の高さを感じた。

熊本の時間は続くものの決定機まで持って行けない中、前半終了間際、仲間と堀米が相手DFを切り裂いた。
堀米からのボールを仲間がキープして戻すと、堀米がPA内で相手のファウルを誘ってPKゲット!
そのまま堀米が決めて待望の先制点!すぐさまゴール裏に走ってくる堀米に胸が熱くなった。

良い時間帯に先制出来たことで後半落ち着いていなして追加点を、と思いきや、気持ちが下がり気味になってしまったのか、運動量が落ちたのか、相手から作られるシーンが頻発し始め、後半わずか10分に同点弾を浴びることとなった。

それからもバタバタした守備に終始してしまいPA内の狭いところを崩され、あっさりと逆転を許してしまう最悪の展開…またもホームでは勝てない呪縛に掛かったままなのか…
が、サポーターはそのままチャントを止めずに背中を押す。
ここで押さずして!

すると1分後、次のワンプレイで流れが変わる。
代わった藤本が落ち着いてつなぎ、仲間が引きつけて中央フリーの養父に渡す。
養父がそれをダイレクトで右足を振り抜くとアウトに掛かったボールはサイドネットに突き刺さった。
余りの早い展開にスタジアムは一瞬静まり返ってからの大歓声!
もうムードは押せ押せで、ひとつひとつのプレイにスタジアム全体が反応。
そして波状攻撃のセットプレイ、右からのCK、養父の完璧なボールに矢野の完璧なヘッドで逆転に成功!!
ドオオオオと震えるスタジアムを久々に感じた!
そこからクローズも完璧にこなしシーソーゲームを完結させた。

ようやくホームで勝てた…
選手達もスタッフ達もサポーター達もみんな笑顔のスタジアム。
メイン、バックスタンドからゴール裏に人の波が寄せてきて大きな塊に!
ホント久しぶりに見るこの光景、そして久しぶりにホームでやるカモンロッソ!
ホームもいつかは訪れると信じてたけど、待ちに待っただけに楽しくてしょうがない時間!
気候、ゴールデンウィーク、展開、そして勝利からのカモンロッソ、全てが最高だった。

ホームで勝てたこと、連勝出来たことで全体のテンションは上を向いている。
熊本は反攻を始める!
先ずは鬼門の鳴門を制してゴールデンウィークを締めよう!

text by takana/photo by lee




posted by report at 19:23| 試合レポート