2013年07月23日

J2 第25節 栃木SC戦(栃木県グリーンスタジアム)2013年7月20日(土)



栃木SC 0 - 1 ロアッソ熊本

共に闘い、友と喜ぶ


待っていた。
この瞬間を待っていた。
9試合ぶりの勝利。
9試合ぶりの笑顔。

試合終了と同時に拳を突き上げた南、ベンチで喜びを爆発させた北島。涙を流しながら喜ぶサポーター。グリスタのいろんな場所で熊本の勝利のために汗を流した選手・スタッフ・サポーターが最高の時間を共有することができた。

恐れることはなかった。
相手に攻め込まれて耐える時間が続いても。
勢いのあるホーム側のチャントの波が押し寄せてきても。

ワンチャンスで相手の息の根を止めることが出来るゴールの破壊力。
片山が言っていた「シュートはあまり綺麗なシュートではなかったけど、今のチームにとってあの1点は大きかったと思う」という言葉。

苦しいときも逃げずに立ち向かった、選手・スタッフ・サポーターが総力戦でつかみとった1点だった。

「どんな時も共に闘おう!!俺たちなら絶対に乗り切れる!!」

あらためてそう感じさせてくれた瞬間だった。
他のクラブからすれば、ほんの小さな下位チームの1勝かもしれない。
クラブ創設以来最大のピンチにハイリスクな決断をした7月。
先週の決起集会で宮崎事業部長が言った「共に乗り越えよう。力を貸してください」という言葉。
苦しいときもスタジアムに足を運んだサポーター。試合終了後のみんなの涙は苦しい時をがんばって耐えた、そして勝ち取った最高のうれし涙だった。
「俺たちの熊本」が新しい1歩を踏み出した本当に意味のある1勝だ。

ここからまた前をむいて突き進んでいけるように、
この勝利で味わった気持ちを忘れることなく、
残り試合突き進んでいきたい。改めてそう思った。
試合終了後のカモンロッソ。監督のほっとした表情がなんとも印象的だった。


この日は、関東からのバスツアー以外にも、甲府からはロアッソ堀米バスツアーが催行された。そして甲府サポーターだけでなく、FC東京サポーター、川崎フロンターレサポーターとたくさんのJクラブのサポーターの皆さんがゴール裏で共に闘ってくださった。
熊本からは遠い栃木。たくさんのサポーターが足を運ぶのは難しい中、こういった選手を後押ししてくれるサポーターの存在は本当に大きい。おかげでこれまでのグリスタで最大のサポーターで後押しをすることが出来た。
試合前に差し入れをくださったサポーターや声をかけてくださったサポーターには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この場をかりて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
次はザスパクサツ群馬戦、遊びにきていただけたらなと思います!


次は山形。
ホームでなかなか勝利が遠い熊本。
大丈夫。この勢いを失うことなくサポーターがやれることはただ一つ。
声をからして選手を後押しするだけだ。

text by tokiyan
photo by Nami,Kombu,Tommy,Fuchie,kouro,mayu,sakomon.daxymini


posted by report at 02:16| 試合レポート