2013年09月23日

J2 第34節 水戸ホーリーホック 戦(ケーズデンキスタジアム水戸)2013年9月22日(日)



ただ上を目指して


難しい試合だった。
でも勝ち点を積み上げて順位が上がった。
今必要なことは1つでも上の順位を目指すこと。

コールリーダーは言っていた。
「苦しい戦いは続くが上を目指して行こうと」

アウェイ水戸には100名近いサポーターが訪れた。
熊本・東京・川崎・大宮・柏など、選手を応援してくださるサポーターの数も多い。
試合開始前からいい雰囲気が創り出せていた。
いい雰囲気とは、「楽しく後押しができる雰囲気」である。
そのいい雰囲気のまま試合を迎え後押し。

水戸のハイプレスに熊本は防戦一方。なかなかチャンスを掴めないどころかピンチが増えるばかり。
そう思っている矢先に失点。PKでの失点だった。下をむく選手もサポーターもいなかった。絶対に逆転する。そう思いながら自然と声量があがった。

そして同点ゴール。
オウンゴールではあったが、泥臭く同点に追いついた。
歓喜のゴール裏。そして行ける!絶対行けるという今日イチの雰囲気がアウェイゴール裏を包んだ。

後半もロアッソらしさはなく、苦しい展開が続いたが、なんとかアウェイで勝ち点1という最低限の勝ち点を持ち帰ることとなった。

苦しいことには変わりはない。
だけど、あのホームのヴェルディ戦のような最高の雰囲気でホームの試合ができる。
とにかく目の前の勝利のために、叫び飛び跳ねてほしい!
熊本の誇りを胸に熱く闘おう。

text by tokiyan/photo by roasso supporter


posted by report at 01:20| 試合レポート