2013年10月31日

J2 第38節 V・ファーレン長崎 戦(熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム)2013年10月27日(日)



リベンジ



乗ってきたと思ったら千葉に6失点と散々な前節から迎えるホーム戦、相手はプレーオフ圏内を維持している長崎。
4月、大集団で乗り込んだアウェイの地で惨敗を喫したのは忘れることが出来ない悔しさ。選手達も怒号にそれを感じたと思う。今日はそれを選手、サポーター共々晴らす時。

今節はハロウィンが近いということもあり、仮装したサポーターがたくさんで気合いの入ったものからカワイイものまでそれぞれで楽しませてくれた。

スタグルは長崎の青いユニも目立つ。
10月下旬というのに汗ばむような天候。熱い戦いになりそうだ。

試合は最初から落ち着かず蹴り合う展開。
球際への当たりは強く、やらせない!という強い意志を感じる。
サポーターも相手の声をかき消す様声を張り上げる。
相手も高さや強さ、速さを見せるが身体を張って阻止。
スタジアム一丸となってやらせない。
前半3分のロスタイムが記されて程なく、自陣で奪ったボール、吉井が前を向いてサイド裏に走るファビオに送ると、それを柔らかく養父へ。養父は逆サイド、ファーに逃げる仲間に最高のパスを送ると、仲間はそのボールをピタリと止めて狙い済ましたキックで先制のネットを揺らす!完璧な形のゴールの後、あまり覚えてはいないが、とにかくみんなで喜び合った。

後半開始早々、ネットを揺らされたがファウルで助かる。
サッカーは同じような展開。だけど戦えてる。
きっちりと跳ね返しつつ、カウンターで追加点を狙う。
もう一度クロスからネットを揺らされるがこれはオフサイド。肝を冷やしつつ、でも大丈夫だともう一度声を出す。
追加点は奪えなかったが最後まで集中を切らさず完封勝利、やり切った。

長かった。
ようやく、ようやく4月の雪辱を晴らすことが出来た。
完全にチャレンジャーとなり掴んだ勝利だ。
思いっきりカモンロッソ出来ることが本当に嬉しかった。

試合終了後、ユースがユースカップ決勝トーナメント進出の報告に来てくれた。
ユースメンバーの要望で、勝利のカモンロッソをした。
次につながる若い世代が育ちつつあると感じた瞬間だった。

トップチームは、天皇杯を含めてホームは4連勝。
ホームで流れを掴んだ。ホーム残り2戦、これもモノにしたい。
いや、アウェイであろうがやり切れば自ずと結果はついてくる。今日みたいにサポーターも一丸となって意識を統一すれば絶対に。

text by takana/photo by lee






posted by report at 23:47| 試合レポート