2013年11月27日

J2 第42節 ヴィッセル神戸 戦(ノエビアスタジアム神戸)2013年11月24日(日)



2013の悔しさを忘れるな



今シーズンの全日程が終了しました。
吉田監督で始まり、池谷監督代行で終わったシーズン。
J1昇格を目指し開幕し、残留争いにまで巻き込まれて終わったシーズン。
Jリーグのレジェンドが熊本の地で熊本を愛し熊本のユニフォームを脱いだシーズン。
サポーターのみんながいろんな思いを持って最後を迎えました。

300人を超えるサポーターが18000人の神戸に挑んだ最後の戦いは、
0−3で完封負け。
前半相手が決定機を外したことでつかみかけた流れはありましたが、後半は押されてしまう展開になってしまいました。
なかなかこちらのペースに持ち込むことはできませんでした。
しかし、なんとしてでも勝ちたい、なんとしてでもキタジにゴールを奪ってほしい。そういう思いが伝わるプレーが多く見られました。
試合終了と同時に頭に浮かんだことは、この悔しさを来年ぶつけるんだってこと。

最後に掲げたアルデラスの横断幕。

今シーズンの熱い戦いに感謝
ロアッソファミリー来季も同じ熱で共に前へ!!

キタジが伝えてくれた「同じ熱」
選手もスタッフもサポーターもボランティアもスポンサーも
皆が同じ熱で同じ目標に向かって戦う姿勢。
絶対に必要だと思います。

決して独りよがりな考えではなく、どうすればチームが勝てるのか、どうすればゴール裏が赤く染まるのかそしてどうすればうまスタが真っ赤になるのか。
サポーターの視点で考えながら私たちはゴール裏を作り上げたいと思います!
これからのオフシーズン、アルデラスは同じ熱で前へ進んでいきます。
そして来年の今頃は笑って終わることが出来るよう、みんなで戦いましょう!

今シーズン、ゴール裏で応援してくれたサポーターのみなさん、
そして、ゴール裏だけでなくメインスタンド・バックスタンドで私たちのチャントやコールに合わせて応援して頂いたみなさん
ボランティアのみなさん、クラブスタッフのみなさん、そして池谷監督代行はじめ選手のみなさん
ありがとうございました!

来季もまたアルデラスレポートをよろしくお願いします。

text by tokiyan/photo by lee

posted by report at 02:20| 試合レポート