2014年03月25日

J2 第4節 大分トリニータ戦 (うまかな・よかなスタジアム)2014年3月22日(土)

タイトル画像 (640x480) (2).jpg

負けられない気持ち

連敗で迎えるホーム戦。
相手は大分、バトルオブ九州早くも2戦目、リスタートにはもってこいの相手。

すっかり春めいて、暖かい日差しが降り注ぐスタジアムは賑わいを見せて観客はなかなかの出足。
開幕戦のように盛り上がって終わろう。
選手達がバスで現れるやコールやチャントでエールを送り盛り上げる。自分達に気合いを入れる意味でも。

大分のサポーターは相変わらずの大兵団で声も出ている。だがここは熊本、当たり前だがこれでも負けるわけにはいかない。
試合前からテンポを上げて声を出す。

今までスタメンを張ってた巻に変えて大卒ルーキーの澤田がトップを務める。前から、球際激しく、をキックオフと同時に実践。最初は若干の硬さも見られたものの奪っては縦に早く展開するように。
相手のドリブルに手を焼きつつも、最後のところはきっちり寄せて対応しチャンスを作らせない。

後半に入っても変わらずゲームを支配。
澤田がアタッキングエリアに侵入、キープから左の齊藤に展開、落としたところに仲間のシュート、澤田に当たってコースが変わるラッキーなゴールで先制!
欲しかった先制点に盛り上がるスタジアム!
先制したことで楽にゲームを進められるようになり、カウンターから幾度となくチャンスを作るが、追加点は奪えない展開。

すると後半40分を回ったところで大分から意地の一発を浴びてしまう…
その後シュートがポストを叩くなど攻めるものの勝ち越すに至らず悔しいドローとなった。

ダービー対決、意地の一発は必ずある。
今まで熊本がそうだったように。開幕戦で福岡がそうだったように。
もっともっと熊本サポーター全体で呼び込むチカラ、跳ね返すチカラを出さないとダメだった。

ただ、連敗を感じさせないゲームを展開出来たことは良かった。一旦ホームでリセットしてまたアウェイに向かおう。強敵だろうがもうビビらずにいける。
フクアリで勝ち点3を獲る歴史を肌で感じよう!

text by Takana / Photo by Supporters


P3222174 (640x480).jpgP3222172 (640x480).jpgP1190121.jpgP1180903.jpgP3222165 (640x480).jpgP1180957.jpgP3222089 (640x480).jpgP3222111 (640x480).jpgP3222121 (640x480).jpgP3222136 (640x480).jpg
posted by report at 20:39| 試合レポート