2014年04月12日

J2 第6節 横浜FC戦 (ニッパツ三ツ沢球技場)2014年4月5日(土)

トップ画像sakonora05.jpg

見てくれたか俺達熊本の力

サポーターの思いが、選手の思いが、試合終了のホイッスルに爆発した。
間違いなく今季のベストゲーム。

いやでもサポーターが意識する相手だ。横浜FC。
市村、南、匠。ロアッソの礎を築いてくれた、そして育ててくれた選手たちがいる。300人近いサポーターは試合開始前から気持ちがこもっていた。

序盤から前からプレスをかけ、とにかく相手よりも走り、相手よりも気持ちで勝つプレーが続く。斎藤の得点シーンも完璧な流れからの得点だった。養父の優しいパスに片山の諦めないクロス。空いたスペースに信じて走りこんだ斎藤。雄太は反応できなかった。1-0となってからもなお、攻撃は収まらない。守備ではミノルが雄太への恩返しセーブを連発。雄太の背中を見て育ったミノルがビッグセーブ連発でディフェンスラインに安定感を取り戻させた。レフェリングや執拗なプレスから両チーム苛立つこともあったが、橋本が退場してからも数的不利を感じさせない守備で完封。雄太がGKが一番勝ちたい勝ち方といっていた1-0で横浜から勝点3を勝ち取った

熊本のスタイルを貫くこと。選手はピッチで、サポーターはスタンドで。熊本スタイルは試合開始から試合終了まで貫けた。とにかく楽しく、熱く。熱く、楽しく。初めてロアッソを観戦したサポーターもたくさんいただろう。

楽しかったと言ってくれた方が多かった。この思いを是非現地でみたサポーターはたくさんの方に伝えてほしい。今季初アウェイでのカモンロッソ。いつもとちがってたくさんのサポーターが前にならんで選手たちと喜びを分かち合った。

次節は讃岐。
決して楽な相手ではないだろう。楽なチームなんてひとつもない。
だけど、横浜戦で見せた熊本スタイルを選手とサポーターが貫くことが、スタジアム全体で讃岐に襲いかかることができると思う。いやでも意識してしまう監督やコーチ、選手がいるだろう。強烈な恩返しをやってあげようじゃないか。

text by tokiyan / Photo by sakonora & A's

sakonora04.JPGsakonora03.JPGsakonora02.JPGas_1.JPGas_2.JPGas_3.JPGas_4.JPGas_5.JPGsakonora06.JPGsakonora01.JPG
posted by report at 20:06| 試合レポート