2014年04月13日

J2 第7節 カマタマーレ讃岐 戦(うまかなよかなスタジアム)2014年04月13日(日)



強烈な恩返しを



前節で作った流れをそのままに、同じように走り切って勝利を引き寄せた。
快勝で今季初の連勝達成、良い状態でアウェイへとつなげることが出来る。

相手は前節同様に意識してしまう相手、讃岐。Jの舞台では初対戦となる。
スタッフに北野監督、上村ヘッドコーチ、選手には泰、翔平、岡村、そして木島とロッソからロアッソへと移り変わる時代を支えてくれた面々が並ぶ。
強烈な恩返しをしようじゃないか。

朝から続く雨は一向に止む気配も無く、夜になると気温はグッと下がった。それでもうまスタには6,500名程のサポーターが勝利を後押ししようと駆けつけた。
前節からの良い流れを、そしてスタジアムの良い雰囲気を絶やさぬよう、試合前から気合いを押し出す。

今節は金井が急遽スクランブルで先発。リーグ戦初出場でしかも生憎のピッチコンディション。しっかりと名前を呼んで後押しを行う。

序盤から出足鋭く、球際激しく。
最初のチャンス、時計は2分少々回ったところ、変化を加えたCKを沈めて早々に先制に成功!
その後も集中して相手を追い込みチャンスを作らせない。虎視眈々と狙うが追加点を獲るまでは至らず前半を折り返した。
前半終盤グダグダになりかけた。ここでもう一度スタジアムの雰囲気を変えていかねば。

後半になるとプレスが一層激しさを帯び、徐々に相手が慌てだす。
そして58分に待望の追加点。サイドチェンジから片山のクロスを数的有利の状態で仲間が合わせてネットを揺らした。
ここで勝利を確信、などということは無い。
当たり前のように前線から速いプレスを愚直に繰り返し、ジリジリと相手を追い詰めていく。
後半75分にはスペースへのボールを狙っていた岡本が受けて熊本での初ゴールを決め、89分には仲間がダメ押しとなる2点目を沈めて4−0と大きく引き離すことに成功。

ここで終わりたかったがロングスローから中途半端な対応で1失点を喫す。が、金井にはいい経験になったことだろう。

最後はゴール裏にみんな集まりカモンロッソ!冷たい雨風なんて感じない位に楽しい時間!

今節も良いサッカー、良い後押しが出来たと思う。
だけど大事なのは続けていくこと。続けていける雰囲気を作ること。次も継続して、3連勝にチャレンジしよう!

text by takana / photo by A's & miyamoto & kaori


posted by report at 00:00| 試合レポート