2014年04月26日

J2 第9節 ヴィファーレン長崎戦(うまかなよかなスタジアム)2014年04月26日(土)





ロアッソ熊本 1 - 1 ヴィファーレン長崎

嬉しさも悔しさも



今節4連勝を掛けて迎え討つのは長崎、バトルオブ九州早くも3戦目。
GW連戦の初戦、勢いをつけるためにも勝って次につなげたい。

試合は当然序盤から激しく追い、ボールを奪いにかかる。
いつもと違ったのは奪ってからの縦へのスピードが余り感じられず、割りと回してから攻めているようだった。
後半に勝負をするのか、と思いきや先手を取ったのは熊本、ロングスローから澤田が叩き込んで先制!
大きな先制弾にスタジアムも沸いた。

この緩い流れの中で先制出来たのは本当に大きい。
後半も同じ流れを繰り返す。
相手もさすがに上位、ドンドンとつないで迫ってくるが、寸でのところで失点させない。
スタメンが変わろうと、大きく崩れない戦える集団になりつつある。

いよいよ、ロスタイムに入ろうとするところ、澤田がひとりでカウンターを仕掛ける。上がりを待たず、サイドに流れてキープもせず、勝負をかけるも惜しくもサイドネット。
この時間帯でもこの意識、この運動量。サポーターも負けられない。

しかし、一発のロングボールで事態は一変、裏に抜けられまさかの被弾にスタジアムは悲鳴の渦と化した。
そのままホイッスル、またもバトルオブ九州は追いつかれてのドロー劇となった…

試合前に、ロアッソ熊本存続に向けたサポーターミーティングが開催された。
クラブの想いを社長はじめフロントの方々が切実に伝え、会場の全員が、存続への意識、そして選手達を支える意識をひとつにした。

スタジアム各所で行われた募金、たくさんの子供たちも募金をやってくれてて、その子供たちの夢であるJリーグをここで終わらせてなるものかと胸が熱くなった。また長崎のサポーターの方々も募金して頂き、改めてサッカーファミリーのありがたさを感じた。

得点の嬉しさも、失点の悔しさも味わった。
これもロアッソ熊本というクラブがあってこそ。
次節は嬉しさを多めに味わおう。
そして来年も、これからもずっと同じように嬉しさ悔しさを味わいたい。
頑張ろう、熊本。


text by takana /photo by suporters


posted by report at 00:00| 試合レポート