2014年06月02日

J2 第15節 栃木SC 戦(栃木グリーンスタジアム)2014年05月24日(土)

53.jpg


もう一歩を踏み出す勇気を育てる

ここまでいい闘いを続けている、そろそろこの先の世界に躍り出る時だ。
第15節、対する相手は栃木SC、夏の入りの暑く晴れ渡った北関東の空に、門出のカモンロッソを轟かせてやろう。

栃木県グリーンスタジアムの熊本ゴール裏に参じたファン・サポーターは、新宿初のバスツアーの参戦者を中心に50人というところか。
いい、十分だ、大丈夫、3,000人くらいの敵に臆することはない。

序盤から、熊本が優勢に試合を進める。
前線に起点を定めた速い攻撃を続けて、栃木が意図する攻守の態勢をつくらせない、これまでとやや違う攻撃的なアプローチ、熊本が結実を得る時が遠くなさそうな展開だ。

その時をものにしたのは、おそらく今日のこの闘いかたのキーとなるべくトップ下に配された養父雄仁選手、敵の最終ラインを見事に崩すシンプルなパスワークからの、見事なフィニッシュ。
快心のバースデーゴール、熊本ゴール裏の一角から沸き起こった歓喜の赤い波動が、スタジアムを覆う。

このまま後半に入り、決戦の道筋を探る両チーム。
まずは栃木が反攻に出る、熊本の右サイドを攻撃の起点に定めて同点弾を決めるや、熊本も勝負どころ、その右サイドからの逆襲に出る。

巻誠一郎選手を狙って、大迫希選手が放つアーリークロスが、絶妙に効いている。
この眼前にあるゴールに叩き込んで終えよう、熊本に勝利を持って帰ろう...しかし及ばず、無常のタイムアップのホイッスル。

負けなかった、でも勝ちきることができなかった。
負けさせなかった、でも勝ちきらせることができなかった。

試合の局面々々で迎え撃つ小さな闘いのひとつひとつにも、あと少しの力を注いで制しようとする気持ち、いや、そうすることでもう一歩を踏み出そうとする勇気が、足りなかったのかもしれない。
少なくとも、上位圏を狙ってせめぎあうクラブの間に大きな力の差などはないはず、だから、ロアッソ熊本のチームもサポーターも、このもう一歩を踏み出す勇気を、ひとつひとつの試合を重ねるごとに逞しく育てて、この先の世界に躍り出るための決定力にできたらいい。

text by hineko /photo by supporters
Bozv0SPIIAANRIA.jpg20140524_tochigiSC_003.jpg39.jpg29.jpg38.jpg20140524_tochigiSC_002.jpg55.jpg52.jpg
posted by report at 23:30| 試合レポート