2013年11月13日

J2 第40節 アビスパ福岡 戦(熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム)2013年11月10日(日)



決着つかず



今年も残すところあと3試合。
最後のバトルオブ九州、相手は福岡。
前回は100分を超える死闘の末、何とか引き分けに持ち込んだ。
前回ホームで長崎に勝利したように、対九州は連勝で終わりたい。
ここ最近見せるホームでの強さなら行けるはず。

熊本であれ18時を過ぎるとあっという間に日は落ち、さすがに冷え込む。
それで暖かいものを求めてか、スタグルは大賑わい。どのお店にも列が出来ていた。
来季のシーズンチケット売り場や大望忘年祭のブースもあり、そんな季節なんだなと実感。

スタメンを若干入れ替えてスタート。
序盤から主導権を握る。
出足の速いプレス、セカンドボールを掌握して繰り出す厚みのある攻撃で先制点を奪うのは時間の問題かと思われたがネットを揺らすには至らない。
とにかく負けられないという思いは感じられ、ゴール裏も気合いを入れて跳び叫ぶ。
スコアレスのまま前半を折り返す。

後半になると若干向こうの時間が続くがやらせない。だが決定的なシーンを2度程迎えるも決められないでいると、左からのFKを頭で合わせられて先制されてしまった。
得点出来ていれば早々に支配できるゲーム展開だっただけに勿体無い失点…
時間はまだある、ホームゲーム、何としても追い付かせる。

後半はロスタイムまで来てしまった。
表示は4分。席を立つ人は皆無。
こっちに来い、こっちに来いと力一杯呼び込む。
もう3分が過ぎようとしていた頃、右サイド、相手のクリアボールを奪った大迫が駆け上がり低いクロス、ニアの齊藤には合わない、中のキタジにも合わない…と思ったらファー、フリーで走り込む養父の姿、遂にゴールを陥れて同点!
物凄い歓声と盛り上がりにこのまま逆転を、と思われたがタイムアップ。
よく追いつけた、けれど勝たなければいけない内容。

バトルオブ九州、最後は何とかドローに持っていけたものの散々たる結果で悔しい思いをした。来季は全勝を狙ってリベンジをしたい。特にアウェイは未勝利だったのでもっとみんなで赴いて後押しをしたい。

次節は今季ホーム最終戦。
追いつけたということをプラスに捉え絶対勝利で終える。
少しでも多くの後押しをする為にひとりひとりが仲間を誘ってスタジアムに行こう!
一生に一度しかない2013シーズンのホーム最終戦、行かないと後悔するから!

text by takana/photo by lee

posted by report at 15:31| 試合レポート

2013年11月08日

J2 第39節 ガンバ大阪 戦(万博記念競技場)2013年11月3日(日)



戦えていたか



アウェイゴール裏は沈黙だった。
ただただ沈黙だった。
何も出来ずに終わった。
まるでアウェイ千葉戦のような。

300人を超えるサポーターが初めて万博競技場でロアッソ熊本と叫んだ。
熊本から、大阪から、関東から。みんなそれぞれの思いを持って。

「気持ち見せろよ。」
そんな声も聞こえてきた。
サポーターの後押しが足りなかったんだ。
俺たちも気持ちを見せていかないと。
まだまだ足りない。
それだけだ。

次につながる。
次につながる。
次につながる。
言い続けてきた。
でももうあと3試合しかない。
このチームを後押しできるのも。
2013シーズンの熊本を後押しできるのも。

気持ちが見えない。
そう感じたのならば、俺たちが気持ちを見せ続けるしかない。

戦え熊本。
誇りを胸に。

戦え熊本。
笑顔のために。

text by tokiyan/photo by lee

posted by report at 14:35| 試合レポート

2013年10月31日

J2 第38節 V・ファーレン長崎 戦(熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム)2013年10月27日(日)



リベンジ



乗ってきたと思ったら千葉に6失点と散々な前節から迎えるホーム戦、相手はプレーオフ圏内を維持している長崎。
4月、大集団で乗り込んだアウェイの地で惨敗を喫したのは忘れることが出来ない悔しさ。選手達も怒号にそれを感じたと思う。今日はそれを選手、サポーター共々晴らす時。

今節はハロウィンが近いということもあり、仮装したサポーターがたくさんで気合いの入ったものからカワイイものまでそれぞれで楽しませてくれた。

スタグルは長崎の青いユニも目立つ。
10月下旬というのに汗ばむような天候。熱い戦いになりそうだ。

試合は最初から落ち着かず蹴り合う展開。
球際への当たりは強く、やらせない!という強い意志を感じる。
サポーターも相手の声をかき消す様声を張り上げる。
相手も高さや強さ、速さを見せるが身体を張って阻止。
スタジアム一丸となってやらせない。
前半3分のロスタイムが記されて程なく、自陣で奪ったボール、吉井が前を向いてサイド裏に走るファビオに送ると、それを柔らかく養父へ。養父は逆サイド、ファーに逃げる仲間に最高のパスを送ると、仲間はそのボールをピタリと止めて狙い済ましたキックで先制のネットを揺らす!完璧な形のゴールの後、あまり覚えてはいないが、とにかくみんなで喜び合った。

後半開始早々、ネットを揺らされたがファウルで助かる。
サッカーは同じような展開。だけど戦えてる。
きっちりと跳ね返しつつ、カウンターで追加点を狙う。
もう一度クロスからネットを揺らされるがこれはオフサイド。肝を冷やしつつ、でも大丈夫だともう一度声を出す。
追加点は奪えなかったが最後まで集中を切らさず完封勝利、やり切った。

長かった。
ようやく、ようやく4月の雪辱を晴らすことが出来た。
完全にチャレンジャーとなり掴んだ勝利だ。
思いっきりカモンロッソ出来ることが本当に嬉しかった。

試合終了後、ユースがユースカップ決勝トーナメント進出の報告に来てくれた。
ユースメンバーの要望で、勝利のカモンロッソをした。
次につながる若い世代が育ちつつあると感じた瞬間だった。

トップチームは、天皇杯を含めてホームは4連勝。
ホームで流れを掴んだ。ホーム残り2戦、これもモノにしたい。
いや、アウェイであろうがやり切れば自ずと結果はついてくる。今日みたいにサポーターも一丸となって意識を統一すれば絶対に。

text by takana/photo by lee






posted by report at 23:47| 試合レポート

2013年10月12日

J2 第36節 カターレ富山 戦(富山県総合運動公園陸上競技場)2013年10月6日(日)



連勝をかけた試合



下のカテゴリーへの道を閉ざすべく、よく言われる「絶対に負けられない戦い」はハラハラ・ドキドキの、だけど、なにかとても充実感のある勝利となった。

この日の富山には約30名のサポーターがアウェイゴール裏に集結。レンタカーで熊本、東京そして関西から。松本からも。みんなが連勝を願って集まった。大事な試合だったが、なかなかゴール裏には人は集まらなかった。しかし、少ないからと言ってクオリティの低い応援なんてするつもりはない。楽しく熱く。最後まで傾斜のある芝生スタンドに苦しめられながらサポーターも戦った。

この日のロアッソは3トップの左に仲間をチョイス。前半はじめから仲間の奮闘に熱くなる思いだった。前半しょっぱなの拓の負傷退場。倒れこむ拓のもとへ雄太が駆け寄る。大変なことが起こったのではないか。そう思った。「☓」印にサポーターも動揺した。その後拓は大丈夫なのか。本当に心配だ。

拓に変わって入った祐太郎。
その祐太郎がいきなり結果を出す。
前半18分、大迫が蹴ったCKはゾーンで守る富山ディフェンス陣が出るに出れないところに飛び込んで祐太郎がヘディング!

ドンピシャ!!
このゴールの表現にふさわしい、美しいヘディングでロアッソが先制!みんなが思い思いに喜ぶゴール裏。スネアを抱えたまま走りだす女子、そして上半身裸のまま2階席へ走って行く元気な男子!たくさんのハイタッチ、青空に舞う大旗。強いアウェイのロアッソが見れる、そう思った。

30人の少数精鋭の声量があがる!跳ぶ!叫ぶ!
もう1点!もう1点!我々は願った。

その10分後のことだった。
相手選手のボールを祐太郎のファインプレーからカットしてカウンター。
吉井から大迫へのパス!DF1枚を交わして振りぬいたシュートがサイドネットに・・・・・・・


「あーーーーーーーーー。」
「ちょっとまって?入った?入ってないよね????」
「え?でもまって・・・・え???え???」
「はいったんじゃ???」
「え?????」
「キタ!!!入った!!!!!!」
「ウォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」


沈黙の10秒であった。
アウェイゴール裏からは大迫のシュートはサイドネットを鋭く刺したシュートのように見えた。
だが違った。静かにかけ出して小さくガッツポーズ(映像で確認した)

大迫。もっと喜んでくれ。

1点目とはまた対照的なゴール裏であったが前半で2-0のリード。
いつ以来かわからない前半2-0のリードにサポーターも勢いをました。
後半絶対別のチームになる。それが富山だ。気を抜くことなく後半乗り切ろう。そう伝えた。

後半は案の定富山のペース。
とにかく押されっぱなし。苦しい展開が続く。そしてあの暑さ。
前半最初に1枚変えた熊本は2枚しかない。筑城を入れてシステムを4バックに。
そして大迫と斎藤を交代。

残り15分。守れ。守りきれ。2-0で勝つんだ。
そんな願いも相手選手の豪快なミドルで返されました。

それからの10分強、ゴール裏はチャントを止めることなく、最後まで声をからし飛び続けた。最後まで。アディショナルタイムは3分。3分が6分にも9分にも長く感じる時間。胃が痛くなるくらい苦しい試合展開。

久々のアウェイでのカモンロッソ。
選手はちょっと疲れてたような・・・。
18位と19位の対決はここの間を1から4に広げることに成功。

次の天皇杯を挟んで千葉、長崎、大阪。もう残り試合全部勝ちたい。全部勝って締めくくりたい。そう思わせてくれる、そう思った試合だった。

次の広島戦。
去年の感動を再び味わうために。

text&photo by tokiyan

posted by report at 00:30| 試合レポート

2013年10月02日

J2 第35節 コンサドーレ札幌 戦(熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム)2013年9月29日(日)



勝利を掴み取る


水戸で何とか勝ち点1をもぎ取り迎えるホーム戦、相手は7位の札幌。
ホームは天皇杯を含め2連勝中で、ようやくエンジンが掛かってきた。前節のアウェイ勝ち点1を実のあるものにする為にもここで勝ち点3をモノにしたい。

秋空の下キックオフ。
最初から相手前3人のキープ力に手を焼きつつ、ギリギリのところで寸断するような展開が続く。
前半17分、何とかチャンスを伺いつつ掴んだセットプレイ、中距離のFK。
相手の速い出足になかなか思うようにボールを回せないこんな試合はセットプレイが重要。
蹴るのは好調の大迫、低く速いニアへのクロスを齊藤が軌道を変えて狙いすました通りファーサイドネットを揺らし先制に成功!
久々の先制弾に揺れるスタジアム!これはいけるんじゃないか、そんな気分にさせられた。
そう思っていられたのも束の間、数分後に右サイドを振り切られ鋭いシュートを叩き込まれ同点、振り出しに。

トーンダウンしてはいけなかった。
得点したからといって、失点したからといって、トーンダウンしてはいけない。
ことあるごとに強めていかないとと言い聞かす。

守っては押し込まれ、ボールを保持しては高い位置から速いプレスに苦しみ、行こうにも行けない展開にズルズルとラインは下がりヒヤリとする場面が頻発。
時間の問題とも思われた逆転の被弾を必死に阻止して前半を終わらせることが出来た。

後半も変わらず厳しい中、ベンチが早めに動く。中盤の選手を2枚まとめて替え、前への推進力を図る。
カウンターをしようにも、といった状況であり、シュートまで全く行けてはないものの、相手の交代もあって流れは落ち着きつつあるようだった。

勝ち越しのゴールは緩い流れから突然訪れる。
ロングフィードを収めた仲間が大迫に軽く落としてからスタジアムが揺れるまで5秒あっただろうか。
ダイレクトで上げられた鋭く速いクロスに相手DFは反応出来ず、いつの間にかPA内にスルスルと入っていた養父が前に出てフリーでヘディング、枠に向かうボールにGKは触るだけが精一杯、ボールがこぼれる先には片山、左足一閃、サイドネットに突き刺さるや大歓声のスタジアム!!

これから約15分はホームのチカラ全てを賭けて死守するだけ。
振り絞って後押しをする。
長い長いロスタイムを経て手に入れた勝利、大きな意味を持つ勝ち点3…

みんなゴール裏に移動してカモンロッソ。
これで3試合連続のカモンロッソだけど何度やってもやっぱり最高の時間!

今まで勝てなかったホーム、今日のような展開でも勝利をたぐり寄せることが出来るんだからもう怖くない。
当然アウェイ水戸で必死にもぎ取った勝ち点1があってこそ。
今日、上を向ける勝ち点3を獲れた。
この勢いをそのままにアウェイ富山の地で勝利を掴み取り更に上を向こう!絶対やれる。

text by takana/photo by lee




posted by report at 21:39| 試合レポート

2013年09月23日

J2 第34節 水戸ホーリーホック 戦(ケーズデンキスタジアム水戸)2013年9月22日(日)



ただ上を目指して


難しい試合だった。
でも勝ち点を積み上げて順位が上がった。
今必要なことは1つでも上の順位を目指すこと。

コールリーダーは言っていた。
「苦しい戦いは続くが上を目指して行こうと」

アウェイ水戸には100名近いサポーターが訪れた。
熊本・東京・川崎・大宮・柏など、選手を応援してくださるサポーターの数も多い。
試合開始前からいい雰囲気が創り出せていた。
いい雰囲気とは、「楽しく後押しができる雰囲気」である。
そのいい雰囲気のまま試合を迎え後押し。

水戸のハイプレスに熊本は防戦一方。なかなかチャンスを掴めないどころかピンチが増えるばかり。
そう思っている矢先に失点。PKでの失点だった。下をむく選手もサポーターもいなかった。絶対に逆転する。そう思いながら自然と声量があがった。

そして同点ゴール。
オウンゴールではあったが、泥臭く同点に追いついた。
歓喜のゴール裏。そして行ける!絶対行けるという今日イチの雰囲気がアウェイゴール裏を包んだ。

後半もロアッソらしさはなく、苦しい展開が続いたが、なんとかアウェイで勝ち点1という最低限の勝ち点を持ち帰ることとなった。

苦しいことには変わりはない。
だけど、あのホームのヴェルディ戦のような最高の雰囲気でホームの試合ができる。
とにかく目の前の勝利のために、叫び飛び跳ねてほしい!
熊本の誇りを胸に熱く闘おう。

text by tokiyan/photo by roasso supporter


posted by report at 01:20| 試合レポート

2013年09月17日

J2 第33節 東京ヴェルディ戦(熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム)2013年9月16日(月)



待ち望んだ歓喜


何人のサポーターと握手をしただろう。
何人のサポーターとハイタッチをしただろう。
ぎっしりと埋まったゴール裏は夕焼け空よりも真っ赤だった。
監督も、スタッフも、選手も、ボランティアもそしてサポーターも5月3日以来のカモンロッソは2013ラスト10の最高の幕開けとなった。

キックオフと同時に養父がスライス気味の弾道でシュートを放つ。今までになく強い気持ちが見えた。それは試合後のコメントを見て納得した。お互いミスが多い前半。なかなか主導権をつかむもシュートに持ち込もうとするところで歯がゆいプレーが目立った。モヤモヤした雰囲気がスタジアムを包んでいた直後、またもミスからのカウンターで失点。

下を向いていた選手がいるように感じたゴール裏のサポーター。「まだ時間あるのに下向いてんじゃねぇ!!!」そんな声が聞こえてきた。失点で目を覚ました印象があったロアッソはだんだん主導権を握る展開となってきた。そして大迫の同点ゴール。藤本のスルーからきれいな形でゴールを決めてみせた。地響きのように湧き上がるゴール裏。メインスタンドもバックスタンドも総立ちだった。まだまだこれから!確実に勢いのなくなる東京の選手たち。しかしなかなか両者思うような展開とは行かず、熊本は帰国したばかりのウーゴを投入。まだまだ本調子では無さそうだったが、ウーゴのちょっとした動きが熊本に歓喜をもたらす。

82分。黒木→養父へのパスそしてフリーの斎藤へ。斎藤は1フェイントを入れ右足一閃。ゴール裏からみたそれは、ものすごくきれいな弾道で相手GKの手をかすめることなくゴール左隅に突き刺さった。

すごかった。スタジアムが。

すごい歓声だった。うちのエースの右足一閃。
感極まって泣いているサポーターもいた。

それからの時間は覚えていない。
だけど、アディショナルタイムの4分が本当に長かった。

6102名のカモンロッソ。
いや、6102名のサポーターとこの数に含まれない選手・スタッフ・SAさんみんなでカモンロッソしてた。最高だった。とにかく最高だった。

勝つっていいな。続けないとなって思った。
まだまだ苦しい試合は続くけど。

「どんな時も共に闘おう!俺たちなら絶対に乗りきれる!」

【協力ありがとうございました】
斎藤紀由氏への激励メッセージをいただいた122名の皆様。この場を借りて御礼申し上げます。いただいたメッセージと写真はかならずキヨシへ届けます。ご協力いただき、ありがとうございました!

text by tokiyan/photo by lee




posted by report at 23:23| 試合レポート

2013年09月09日

第93回天皇杯2回戦 徳島ヴォルティス戦(熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム)2013年9月8日(日)

ホームで勝たせる


「ホームだから勝てた」
そんな後押しが今季ようやく出来た気がする。

つい先日に北九州に敗れ去ってホーム10敗目を喫し、中2日で迎えるは天皇杯、相手はリーグ戦絶好調の徳島。
もういつ勝ったのか思い出せないくらいにホームでの勝利から遠ざかっている。

スタメンは連戦および天皇杯ということもあってかフレッシュな顔ぶれもあり、更にここで悪い流れを断ち切りたいといった思惑も感じる。
16時にキックオフの笛。
この季節の16時は暑いかと思われたが、雲掛かった空のせいでそこまでの気温は感じなかった。

メンバーが変わっても、そうそう続けてきたサッカーが変わることは難しく、遅いサッカーに終始。
お互い緩い前半になりそうな中、徳島、サイドに長いボールが出てクロス、ヘッドで合わせられ失点。
シンプルな攻撃に屈し1点を献上、またも追う展開。そして前半はほとんど良いところなく終了。

このままズルズルと思われた中、後半スタートから仲間を投入すると、若干前を向けるようになりだんだんとリズムも出てきた。
相手PA内に侵入する選手たちはいつもより多く感じ、点を取るんだ、そんな意識を感じられる中、スローイングからのリスタートをミドルレンジで収めた養父、相手のプレッシャーが弱いと見るや右足一閃、ゴール右隅に突き刺して同点!
程なく矢野が不可解なジャッジで退場に追い込まれるも、スタジアムの雰囲気は全く萎縮することなく熱気に包まれていた。
より一層魂を込めてチャントを歌うゴール裏、そのチャントに乗って選手たちも決定的な場面を作り出すも90分での決着はつかず延長へ。

延長開始前、もう一度HIKARIを歌って選手達と自分達に気持ちを入れなおす。
時折足を伸ばす仕草を見せるものの、90分やってきたとは思えない程、ピッチを走り回る選手たち。
スタジアムの雰囲気に後押しされてか、1人少ないなんて全く感じさせない。
お互い2度程の決定機を迎えるも決めきれず、とうとうPK戦へ突入することになった。

サポーター達がメインスタンド、バックスタンドから続々とゴール裏に集まってくる。
120分安定したパフォーマンスを披露したGKは初出場で熊本出身・畑。
手を叩きながらこちらのゴールに向かってくる。今日最後の仕事だ、と言わんばかりに。
ここで鼓舞しないワケにはいかない。みんなで思いっきり何度も「ミノル!」と叫ぶ。

PK戦になって声援は一段と大きさを増し、熊本の選手が決める度に揺れるスタジアム。
スタッフも選手も肩を組み、サポーターのエネルギーは熊本のキッカーと畑に注がれる。
ゴール裏から見る畑の背中は一段と大きく見えた。

2本目を徳島が外しリードを奪う。
落ち着いて決めていく熊本の選手たち。
いよいよ5本目。
止めて終わるか、決めて終わるかのところまで来た...
キックと同時に畑が左へ反応、ボールが弾かれるや今日一番の大歓声に揺れるスタジアム!
一気に畑の上に折り重なる選手達。ベンチの選手、スタッフもみんな。
ゴール裏に走ってきてくれる選手達もいてみんな喜びを爆発させる。全員立ち上がってそれを共有するサポーター。
久々に手にする勝利、全員で手にした勝利。

テンション高くゴール裏に跳ねてきた選手達と一緒にカモンロッソを。
ようやく、ようやく、ようやく。
長い時間を擁したけれど、やっぱり最高の時間!
今季残り全部コレをやっていきたい!

次も運良くホーム戦。
全て良い方に向かう、そう思える試合を展開したからもう心配は要らない。
みんなスタジアムに足を運んで思いっきり後押しをすれば自ずと結果はついてくる。
そして選手達にこう言って貰えるようにやっていこう。
「ホームだから勝てた」って。

text by takana
posted by report at 23:03| 試合レポート

2013年09月07日

J2 第31節 ギラヴァンツ北九州戦(熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム)2013年9月5日(木)


皆がひとつになろう


再試合となったバトルオブ九州、北九州戦。
中止になった日とは打って変わって快晴で、結果も晴々といきたかった。
今節に掛ける思いは誰しも同じであり、ここで悪い流れを断ち切らなければならなかった。

厳しい敗戦。
追い上げる姿勢は見せたが同点にも及ばず。
まだまだ足りないということだろう、何もかも。

あと10試合、オール熊本で頑張るしかない。月並みだがそれしかないんだ。
足枷になってるのかと思えるようなホームはあと5試合もあるじゃないか。
天皇杯を含めホームが続く。
スタンドを埋めてホーム力をもっともっと発揮して全勝しよう。
熊本みんなで得点と勝ち点を獲るんだ。

text by takana/photo by lee

posted by report at 22:58| 試合レポート

2013年09月02日

J2 第32節 京都サンガF.C. 戦(京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)2013年9月1日(日)


こんなもんじゃない


「ごめんごめん!申し訳ない。ほんとに申し訳ない」

主税がこんなこんな言葉をアウェイサポーターに投げかけた。
「こんなもんじゃないっしょ?!」
「こんなんで終わらないよね?!」

選手を激励するいろんな言葉がゴール裏から飛んだ。

正面を見据える選手。
下をむく選手。
いろんな表情を見た。

とにかく、まだまだ何もかもが足りない。
そう感じた。

だから最後まで楽しく熱く後押しし続けるしかない。
スタジアムで声をからすしかない。

それしかできないもどかしい気持ちもあるけど。
たくさんのサポーターでスタジアムを埋めること。
たくさんのサポーターで声をからすこと。

木曜日。
そんなうまスタをみたい。

text by tokiyan/photo by lee


posted by report at 23:40| 試合レポート