2013年06月24日

J2 第20節 ザスパクサツ群馬戦(熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム)2013年6月22日(土)



ロアッソ熊本 2 - 3 ザスパクサツ群馬

ただ、喜びを分かちあいたい


ロアッソ熊本ユースが設立史上初の全国出場を決めてロアッソ熊本に新たな歴史を刻んだ補助競技場とは対照的にまたも逆転負けを喫したトップチームの選手たち。試合終了後ゴール裏のサポーターの声に耳を傾けた選手、下を向くまま顔を上げられなかった選手たちはなにを考えていたのだろう。どう感じていただろう。

多くを語る必要はない。

勝ちたい。
勝たせたい。
選手たちの笑顔がみたい。
ロアッソ熊本がある喜びを感じたい。
日々の生活で、ロアッソを感じていきたい。
またみんなでハイタッチがしたい。
カモンロッソがやりたい。
KOVAのゴーーーーール!!!!が聞きたい
おいしいスタジアムグルメを堪能してロアッソの将来を語りたい。
夢を見たい。
夢を抱きたい。
これからもロアッソを愛し続けたい。

ロアッソに関わるすべての人が笑顔になれる立派な劇場がある。またここで、みんなで共有したい。笑顔になれる時間を。

サポーターは諦めない。
諦めちゃダメだ。
まだなにも始まってないし、なにも終わってないから。

県民に元気を
子ども達に夢を
熊本に活力を

これはなにもクラブがやることではない。みんなで作り上げるもの。

また大きな夢を抱いて、来週ここに集まろう。
大きな声で選手を後押ししよう。

それが、サポーター。
それが、熊本。

text by tokiyan/photo by lee

posted by report at 09:10| 試合レポート

2013年06月20日

J2 第19節 ギラヴァンツ北九州戦(北九州市立本城陸上競技場)2013年6月15日(土)



ギラヴァンツ北九州 7 - 0 ロアッソ熊本

記憶に残る1戦


0−7での敗戦を試合前に予想した人はいたのであろうか。
誰もそんな予想はしないであろう。
結果だけをみると野球かと思われるほどのスコア。

しかし今回の試合、大事なことは結果でも内容でもない。それは行った者にしかわからない感情である。

バトル・オブ・九州 アウェイ北九州戦
我々の記憶から無くすことのできない試合となった。

試合前からDJ  KOVA氏の煽りでゴール裏の雰囲気は絶好調。どこか今日は絶対勝てるという雰囲気を醸し出していた。
試合が始まってもその雰囲気は同じであった。
しかし、前半早々に失点を許す。追加点を取られる。

それでも我々は後半逆転をしてくれることを信じて選手を後押しし続けた。
後半に入っても流れは北九州ペース。
3点、4点と失点を重ねる。それと同時にスタジアムを後にする者。唖然とする者。まだまだ信じて後押しする者といた。

最後は試合終了のホイッスルが鳴った後も止まらずに続いたロアッソ熊本のチャント。
ここで逃げたら、ファン・サポーターではない。

チームが苦しいこの時期こそ最後の最後の最後まで全力で声を出し後押しをする。
それがファン・サポーターであると思う。

この敗戦を次はホームのバトル・オブ・九州でしっかりと返したい。

そして、いつの日か「あの時はこんな試合もあったね。」と笑って話せる日、また、熊本県民が笑ってシーズンを終えることができる日、絶対に来ることを信じてこれからも後押しを続けたい。

この敗戦を忘れずにこれからのシーズン、昇格のチャンスがある限り最後の最後まで全力でサポートしていきたい。

text by taturo/photo by lee


posted by report at 22:57| 試合レポート

2013年06月13日

J2 第18節 京都サンガF.C.戦(熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム)2013年6月9日(日)



ロアッソ熊本 1 - 3 京都サンガF.C.

雨は降らずも


また雨かと思われた天気は午後から上がりちょうど良い気候になった。
今節の相手は上位、京都。
早いものでもう18節、なのにホームでまだ1勝しか出来てない。
今節ホーム2勝目を挙げて勢いをつけたい。
HIKARIに込める思いはより一層。

キックオフは19時、日も長くなりまだ明るい。
スタジアム全体でタオマフを回しながら選手達を迎える儀式は随分と板についてきた。

試合は序盤こそ押されたものの、そこからテンポ良く攻撃を繰り出す。
仲間、堀米、橋本の攻撃意識は高く、奪っては前へと推進、京都のボールになっても全員でしっかり寄せてミスパスを誘発させ圧倒する。
もっともっととサポーターも後押し。先制は時間の問題かと思われたが奪えずに前半終了。結果的にこの時間に勝負を決め切れ無かったのが痛かった。

後半始まってすぐの相手のセットプレイ、こちらのミスから先制されてしまう。
きっちり対応出来ていながらこんな形で、そして嫌な時間帯に先制を許したことでゲームバランスは一気に崩れた。
そのままズルズルと失点を重ね、終盤オウンゴールで一矢報いたものの、先制をされてから最後までズレた歯車のままの内容だった。

ホームでまたしても勝てなかった。
しかし自分達は勝利を信じて応援していくしかない。
選手達が勝利を目指して戦ってくれるように。

次節はバトルオブ九州、vs北九州のアウェイ戦。
まだ勝利したことのない本城陸上競技場だが、いつも赤く染まるビジター席から熱い後押しをやっていこう。
ここで勝たずして。

text by takana/photo by lee


 
posted by report at 23:23| 試合レポート

2013年06月05日

J2 第17節 アビスパ福岡戦(レベルファイブスタジアム)2013年6月1日(土)



アビスパ福岡 1 - 1 ロアッソ熊本

スコアで測れないバトルオブ九州


梅雨入りし、朝から雨の降る中向かうは今季2戦目のバトルオブ九州、相手は福岡。
なかなか勝てない九州アウェイ、今季も長崎で惨敗を喫し今後こそと必勝の思いで乗り込む。

バスツアーなどで集まった多くの熊本サポーターは長い列を作り開門を待つ。
雨は一向に止む気配は無く、これから始まる激闘を予感しているよう。

前節痛んだGK南はスタメンに名を連ねており安堵する。
HIKARIで魂を交換。
勝利をもぎ取りたい気持ちは選手たちからも伝わって来て、ゴール裏の熱気もいつも以上に感じる。
その熱から発せられる湯気なのか、雨の影響で出来た薄い靄なのか、雨の降りしきるスタンドには独特の雰囲気がある。

キックオフ、良い入りを見せる。
岡山戦程の収まりは無いものの引き続き状態は良いように思えた。
相手から押し込まれ、危ないボールを放り込まれる時間帯も落ち着いて凌ぐ。
相手はこちらがボールを持ったら前から来るのだが単発で、それをパスワークで交わしファウルを誘うと序盤で2枚の警告。
徐々にゲームを支配しつつあった。

とにかく先制点。
この支配を完全なるものに、という矢先にDFとGKの連携ミスを掻っ攫われて流し込まれ失点…
さすがにこのゲームにこの失点は痛い。
が、時間はまだ十分、同点逆転と事を進めるしかない。
前半のうちに追いつきたかったが叶わず。

後半に入っても雨とピッチのコンタクトは激しさを増す。
滑りやすいピッチで必死に踏ん張る選手達、それを後押す応援。
バトルオブ九州、このまま負ける訳にはいかない。
相手サポーターの声なんて聞こえない。それは向こうも同じであろう。
その声がぶつかっている所で戦う選手達に届くように声を張り上げる。

しかし、ゲームはバランスを失い始める。
後半10分という早い時間に相手選手のひとりが退場しすると、攻と守の構図がほぼ明確にされ、全選手の大半が相手陣内で戦うことになった。

当然の如く攻撃を続ける。
サポーターも呼応して後押しを増幅させる。
相手は必死に激しくぶつかってきて、伴い警告も積み重なっていくものの、なかなか割れない。
でも続けていけば必ず得点出来る、そんな雰囲気はあった。

そしてここでまたこのバランスすら崩れる事象が。
相手キーパーが怪我をしてしまい、交代枠を使い切っていた福岡はフィールドプレイヤーをキーパーにせざるを得ない状況に。
フィールドは10vs8、そしてキーパーは本職ではないという今まで経験したことのないような事態に。恐らくそれは戦っている選手たちもだろう。
だがそれは福岡としては「跳ね返す」ということが完全に明確化。
ここにきて先制されたことが重くのし掛かる…

攻めども攻めどもこじ開けられない、相手の気迫も凄まじい。
表示されたアディショナルタイムは何と9分。
何度も足を攣りながらも跳ね返し続ける相手に正直厳しさを覚えつつ、必死に選手達を呼び込む。
暗くなり始めて更に冷たくなった雨も感じられない位に。

時はアディショナルタイムの9分を過ぎた辺りだろうか。
長いボールを上がりっ放しの矢野が競って齊藤へとつなぎ、最後はファビオがボレーシュートを決めてようやく同点!
ホームの選手とサポーター全てが気迫で守ってきたゴールにようやく叩き込むことが出来た。
100分間でようやく手にしたゴールにサポーターも更にヒートアップ。
逆転へ残された時間は少なく、すぐにホイッスルを聞く事になった。

勝ち点は1しか手に出来なかった。
けれども、必死に相手選手とサポーターが一体となって守るゴール、それをやっとの思いでこじ開けたことはきっと次につながるはずだ。
バランスの崩れたサッカーだけども、魂と魂がぶつかり合う、サッカーが持つ激しさを改めて見せてくれた。
これ程の試合が福岡以外、はたまたバトルオブ九州以外で起きたかどうか分からないが、きっと九州同士だからこそだと。
そう思うとやはり、勝ちたかった。異様な雰囲気に飲まれて勝ちを呼び込めなかった、という表現が正しいかもしれない。自分達もこれを糧に成長しなければと思う。

次はホーム戦だ。
がっぷり四つで迎え撃って勝つ。
ホーム感を精一杯出して勝つ。

text by takana/photo by lee

posted by report at 23:48| 試合レポート

2013年05月31日

J2 第16節 ファジアーノ岡山戦(Kankoスタジアム)2013年5月26日(日)



ファジアーノ岡山 2 - 3 ロアッソ熊本

熱気


栃木戦で完敗を喫して1週間。選手たちは、必死に練習を重ね岡山戦に挑んだ。

好調の岡山。ましてや岡山はホームで昨年8月以降(熊本に勝って以降)、ホームで無敗記録を保っていた。この記録を何とか破りたい、勝ちたい。
試合開始前から我々サポーターもいつも以上に気持ちが高ぶっていた。そして、試合前からアウェイとは思えないほどの声量で選手を後押しできていた。

現地は5月下旬とは思えない暑さ、日差しが照りつける中、選手たちは、ピッチを駆け回り、強いプレスをかけ、試合を優位に進めた。
FWの斎藤・仲間の両選手が積極的に守備をしていると、前半21分に待望の先制点が生まれた。
仲間選手がドリブルで持ち込み相手に囲まれながらも粘りシュート。これがゴール右上に決まり先制。前半の先制点にサポーターも盛り上がる。

後半に入っても熊本の威力は衰えない。
後半48分には斎藤選手がサイドを突破し、折り返したところをFWファビオ選手が合わせるが、キーパーに弾かれる。しかし、弾いたところを仲間選手が押し込み追加点。セカンドボールの反応の良さが目立ち、2−0とし、試合を優位に進めていく。

後半20分には、本日2ゴールの仲間選手のドリブルから、走りこんできた斎藤選手にパスを出し、これをきれいに合わせて3点目が入る。これで3−0。

サポーターの雰囲気は最高潮に。

しかし、このまま試合は簡単には終わらない、また、後半に粘り強く戦ってくる岡山が簡単に終わらせるわけない。そう思っていたが、予感は的中した。

後半44分に1点返され、46分にはカウンターを受け失点し3−2。

その後も岡山の猛攻は続く。しかし、アディショナルタイム相手選手とGK南選手が交錯し、一時試合は中断したが、痛みをこらえながらも南選手は起き上がる。その際に岡山サポーターはブーイングを浴びせることなく南に拍手を送ってくれた。

待ちにまった試合終了のホイッスルが鳴り、選手たちとの恒例のカモンロッソ。

完勝とはいかなかったものの静岡や東京、全国各地のロアッソ熊本サポーターと勝利の喜びを分かち合うことができた。

選手たちはその後岡山サポーター所へ行き、南選手のアクシデントの際のお返しに挨拶をしに行き、たくさんの拍手を浴びた。
岡山サポーターの温かさを、Jリーグの素晴らしさを肌で感じることができたシーンであった。

次はバトルオブ九州。相手は福岡。ホームと変わらない雰囲気を作り、選手が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、我々サポーターも熱い気持ちをもって戦いに挑みたい。

そして「連勝」という結果だけを熊本に持ち帰りたい。

text by taturo/photo by lee




posted by report at 21:47| 試合レポート

2013年05月22日

J2 第15節 栃木SC戦(熊本市水前寺競技場)2013年5月19日(日)



ロアッソ熊本 1 - 4 栃木SC

挑む気持ち


連勝は止まったものの、4戦無敗で迎えるは今季初の水前寺。
そして申し合わせたように降る雨、まるで時が止まったかのようなシチュエーション。
幾度と無く戦ってきた水前寺のスタジアムも今は年に数回程度。
前ホーム戦、うまスタでようやく勝利のカモンロッソを達成出来たので水前寺でも、と意気込む。

こじんまりとしたスタグルは良い匂いが溢れていて活気が感じられる。
スタジアム入り口近くにジュビロサポーターがわざわざ藤田俊哉引退試合に掲出する弾幕を持ってきてくれており、一言メッセージを書き添えた。今節、藤田の背番号28を受け継いだ選手が活躍するんじゃないか、そんな気にもさせられた。

相手は栃木。
今や昇格を争うようなクラブとなっている難敵。
前回の拙攻を払拭し、連勝出来ていた時のような勢いのある攻守を展開出来るかが鍵。
程よく埋まったゴール裏、サポーターのテンションも上々だった。

小雨の中キックオフ。
序盤は五分だったものの次第にバランスは傾いていく。
前節は見逃してくれていたような細かなミスは相手のボールとなり、また出足が遅いことが響いてなかなか奪い返せない。
素早く力強い攻撃に中、外、中と揺さぶられ、熊本の陣形は崩されシュートまで持っていかれる。
あわやの場面が続くが寸でのところで踏ん張っていた。

セットプレイでは惜しい場面はあったものの、流れは掴めない。
折角踏ん張ったんだからここで流れを引き寄せて、というところ鮮やかに崩されて失点してしまう。
相手は先制出来たことで緩めたのか、こちらのスイッチが入ったのか、ようやくパスをつなげれるようになるが、フィニッシュまではなかなかいけないまま前半終了、なんとも厳しい45分だった。

後半スタートから藤本を投入し打開を図る。
が、すぐに痛い痛い失点・・・
サポーターは何も無かったかのように応援を続ける。

競り合い勝負にもっていかれ、体格で劣る熊本はなかなか思うようにゲームをコントロール出来ない中、ファビオ、怪我明けの藏川を投入。早めに動いてとりあえず1点をというメッセージがベンチから送られる。
こんな時はセットプレイで何とか1本欲しいゲームなのだが逆にやられた。
セットプレイから決定的な失点、更に崩されてもう1失点の計4失点・・・水前寺はさすがに静まり返ってしまった。

ゲームは終わっていない、こんなゲームでも得るものがあるはずだ。
それはサポーターとて同じ。声を出すのを止める訳にはいかなし、跳ぶのを止める訳にもいかない。
後半ロスタイム、セットプレイの流れから矢野の折り返しを吉井が押し込んで1点返した。
差はあるけれど、ドッ沸くスタジアム、ゴール裏。
そしてそのままホイッスルを聞くことに。

ゴール裏に来る選手たちの顔を間近で見れるのも水前寺ならでは。
選手たちの悔しそうな顔を焼き付けて、また一緒に戦うと心に誓う。
最後一矢報えたこと、濡れた重い大旗が何度もはためいた唯一のシーンは必ず意味があると思うし、「次当たるときは!」という気概を持たせてくれた。
やられたシーン、報いたシーン、何ともいえない雰囲気の水前寺を心に刻み、今後の強さにしていかねば思う。
次節も難敵だが、戦う姿勢を最初から出していけばきっと結果はついてくる。
チャレンジャーとして戦っていこう。

text by takana/photo by lee

posted by report at 16:38| 試合レポート

2013年05月13日

J2 第14節 FC岐阜戦(岐阜メモリアルセンター長良川競技場)2013年5月12日(日)



FC岐阜 0 - 0 ロアッソ熊本

共に闘うということ


昼間の最高気温は28℃だった岐阜。
しかしキックオフの19時にには過ごしやすい体感気温となっていた。

同期対決。
前節までに3連勝と好調をキープしていたロアッソであったが、この日は精細を欠く内容に、試合終了後のアウェイスタンドは沈黙だった。

この日は熊本からだけでなく、東海地方から、関東からのサポーターが大半を占めた。約50名ほどのサポーターが4連勝に向けて後押しした。この日は関東から自動車弾丸ツアーで岐阜を目指した前節の徳島に続く2週連続の遠征。感覚が麻痺してきたのであろう。岐阜さえも近く感じた。今回はじめて弾丸ツアーに参加してもらう方もいたし、少しでも現地でロアッソを後押しする楽しさをリーズナブルに味わって欲しいというのが狙いだった。

試合前にはスタジアムグルメで舌鼓。
飛騨牛、飛騨牛バーガーなど、岐阜のスタジアムグルメは本当にうまい。飛騨牛串に舌鼓をうち、あのクマご一行もこの日は増殖してコンコースを賑わせていた。

試合開始。
サポーターも4つ積み上げて熊本へ帰ってもらうべく、声を枯らした。試合序盤からギクシャクした展開。なんというか、不調の時の熊本を見ているようで・・・・。とにかくDFラインでビルドアップするだけ、ボールを回しても自分から仕掛けない。そんな消極的な展開が続く。消極的な展開の上にミスも上乗せ。なにかもやっとした展開が前半は続く。

後半も言うまでもなく。
とにかくミスが多い。
ただ、サポーターも失速した。元気がない。声が出ない。見てるだけ。サポーターが盛り上げないと。サポーターが声を出さないと。サポーターが鼓舞しないと。岐阜に一体何をしにきたのか。俺達が盛り上げないと。
両チームスコアレスドローというなんとも言えない試合終了のホイッスル。
選手たちの表情も晴れない。

ここから夏になり、体力的にもつらい試合が続く。特に熊本の5月6月は地獄だ。こういう気候条件の中でも、このサッカーを続けることができるよう、選手もサポーターも共に戦わなければならない。僕らアルデラスの役割はゴール裏を盛り上げること。いつもは一緒の応援席にいない方々、年に数回しかロアッソを応援できない方、いろんなサポーターがアウェイ席には訪れる。そんな方々に楽しんで帰ってもらうためだけでなく、選手と共にたたかうために、もっともっと盛り上げていかないと!

すべては熊本のため、勝利のために。

#試合前の横断幕設置の際に、FC岐阜のU-15の選手たちが設置作業を手伝ってくれた。その手際の良さ、礼儀正しさに、サッカー選手である前に人としてやるべきことがやれている選手たちだなと本当に感心した。FC岐阜ジュニアユースのみなさん、ありがとう!

text by tokiyan

posted by report at 22:42| 試合レポート

2013年05月07日

J2 第13節 徳島ヴォルティス戦(鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム) 2013年5月6日(月)

徳島ヴォルティス 0 - 3 ロアッソ熊本

ROSSOの快進撃


2008年05月18日 徳島2-0熊本 ポカスタ
2009年03月21日 徳島3-0熊本 ポカスタ
2009年09月20日 徳島6-0熊本 ポカスタ
2010年10月17日 徳島1-0熊本 ポカスタ
2011年09月28日 徳島1-0熊本 ポカスタ
2012年05月06日 徳島1-1熊本 ポカスタ
通算成績0勝5敗1分 得点1 失点14

これが「鬼門ポカスタ」と言われる所以だ。
こう言ってしまっては少しオーバーかもしれない。
"まさに歴史的勝利"

 GW最終日。ポカスタには全国から約60名の熊本サポーターが集結。待機列では互いに握手をし、健闘を誓い、そして連勝の雰囲気そのままに、「サッカーを楽しむ」雰囲気を感じることができた。
 なかなか多くのサポーターが足を運ぶには日程や距離的にも厳しいものがある。行きたくても行けないサポーターの分も、ここにいるサポーターは戦わなくてはならない。

 前節見事なシーソーゲームを制した熊本。
 厚別から熊本へそして熊本から鳴門へ受けたバトンを落とさずに返さなくてはならない。個人的には並々ならぬ緊張感で試合を迎えた。
 コールリーダーが言っていたように「そう簡単に3つ積み上げられるわけではない。
 ただ、ここで3つ積み上げて僕らは熊本へ帰らなければならない」試合前の楽しい雰囲気からガラッと雰囲気を変えて試合に臨んだ。

 布陣は前節と変わらない布陣。
 序盤から熊本が前から前からプレッシャーをかけた。仲間が、斉藤が、養父が、堀米が。とにかく前からのプレッシャーで徳島陣内に追い込む不調な時に見られた消極的なつなぎではなく、とにかくリスクを冒してチャレンジする姿勢にゴール裏からも歓声があがる。1点目は前節の堀米が倒されたシーンのような展開。仲間とのワンツーから見事にゴール左隅に決めた。
 6年で1ゴールしか上げることのできなかった徳島から見事に先制ゴールを奪った。本当にみごとな崩しからのゴール。
 そして畳み掛けるように2点目を奪う。片山のミドルが相手DFに当たりクロスバー直撃そこに養父が泥臭く倒れこみながらのシュートもポストに当たり、そして斉藤のゴール。その瞬間斉藤が決めたことはゴール裏の誰もがわからなかった。
 しかし、この畳み掛ける得点にゴール裏は狂喜乱舞!この後も相手の退場があり、PKを獲得するも斉藤が外してしまう。熊本のエースに早く覚醒してほしい。
 決して好調とは言えないエースを監督はブレずに起用をつづける。もちろん台所事情もあるかもしれないが、とにかく斉藤の得点がもっと見たい。前半3−0とはいかなかったが、ポカスタで初
の2得点を奪い前半を終えた。

 後半はミスもあり徳島に押されかけるシーンもあった。2−1になりそうなシーンだってあった。
 とにかく3−0にしてこのゲームをクローズしたい。そう願うサポーターの声も一段と大きくなった。
 疲れが見え始めた後半途中に徳島出身の藤本主税を投入。さすがベテランという球さばきで相手の攻撃をいなす。早く3点目がほしい。そう思っていた後半終盤にその機会は訪れた。
 ファビオのグラウンダーのパスからゴール右隅に流し込んだ。背番号11番が流し込んだ。藤本主税だった。ここからの時間はあまり覚えていない。
 藤本主税のブログを読むと阿波踊りのパフォーマンスを踊り、そして涙をながしていたという。ほんとうに大きな1点でポカスタは静まり返った。

 苦手だった。苦い思い出しかなかったここポカスタでの初勝利は格別だった。そして3連続のカモンロッソ。これもまた格別だった。
 GW3試合で9ゴール3失点。順位も14位浮上。この勢いを生かすも殺すも次の同期対決だ。アウェイ岐阜。そう簡単に勝てる相手ではないことはJFL時代から分かっているはず。
 もちろん3連勝でいい雰囲気を壊すことは言いたくないが、この試合は2013シーズンのターニングポイントになると思う。
 ここで積み上げれるか、積み上げられないかが大きくシーズン中盤に影響する。
 サポーターももう一度気を引き締めなおし、同期対決に向けてコンディションを整えていきたい。

 次の岐阜。たくさんのサポーターで選手とともに戦いたい。

text by tokiyan
posted by report at 21:50| 試合レポート

2013年05月06日

J2 第12節 水戸ホーリーホック 戦(熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム) 2013年5月3日(金)



ロアッソ熊本 3 - 2 水戸ホーリーホック

ここから始まる


極寒の厚別で待ちに待った今季2勝目を挙げて迎える久々のホーム戦。
天候は、前節とは打って変わってさすがは九州と言わんばかりの素晴らしい日和。
というより汗ばむ程の日差し。この温度差、選手達はキツイんじゃないかと思う位だったけれども、久々に手にした勝利はきっとチームを良い方向に導いてくれる。そう信じて止まないサポーター達も列をなす。今日こそうまスタで初勝利してカモンロッソを。

ケガでなかなか思うようにオーダーが組めないチーム事情、先日発表された新加入選手2人が早速スタメンに名を連ね、いよいよ吉田監督が勝負をしてきた感じがした。

今節の相手は水戸。
ここ最近の好調ぶりは目を見張るがとにかく勝ちたい。
ここで勝たないとまたホーム初勝利が先になる。
何が何でも勝って勢いを付けたい。
そんな思いをHIKARIに込め。

キックオフから球際にガンガン行く熊本。
お互いの選手が倒れる回数が多い。
新加入、初スタメンの堀米は短いステップのドリブルでアクセントを付け、橋本はボール奪取と奪ってからボールを散らす作業をキッチリとこなして能力の高さを感じた。

熊本の時間は続くものの決定機まで持って行けない中、前半終了間際、仲間と堀米が相手DFを切り裂いた。
堀米からのボールを仲間がキープして戻すと、堀米がPA内で相手のファウルを誘ってPKゲット!
そのまま堀米が決めて待望の先制点!すぐさまゴール裏に走ってくる堀米に胸が熱くなった。

良い時間帯に先制出来たことで後半落ち着いていなして追加点を、と思いきや、気持ちが下がり気味になってしまったのか、運動量が落ちたのか、相手から作られるシーンが頻発し始め、後半わずか10分に同点弾を浴びることとなった。

それからもバタバタした守備に終始してしまいPA内の狭いところを崩され、あっさりと逆転を許してしまう最悪の展開…またもホームでは勝てない呪縛に掛かったままなのか…
が、サポーターはそのままチャントを止めずに背中を押す。
ここで押さずして!

すると1分後、次のワンプレイで流れが変わる。
代わった藤本が落ち着いてつなぎ、仲間が引きつけて中央フリーの養父に渡す。
養父がそれをダイレクトで右足を振り抜くとアウトに掛かったボールはサイドネットに突き刺さった。
余りの早い展開にスタジアムは一瞬静まり返ってからの大歓声!
もうムードは押せ押せで、ひとつひとつのプレイにスタジアム全体が反応。
そして波状攻撃のセットプレイ、右からのCK、養父の完璧なボールに矢野の完璧なヘッドで逆転に成功!!
ドオオオオと震えるスタジアムを久々に感じた!
そこからクローズも完璧にこなしシーソーゲームを完結させた。

ようやくホームで勝てた…
選手達もスタッフ達もサポーター達もみんな笑顔のスタジアム。
メイン、バックスタンドからゴール裏に人の波が寄せてきて大きな塊に!
ホント久しぶりに見るこの光景、そして久しぶりにホームでやるカモンロッソ!
ホームもいつかは訪れると信じてたけど、待ちに待っただけに楽しくてしょうがない時間!
気候、ゴールデンウィーク、展開、そして勝利からのカモンロッソ、全てが最高だった。

ホームで勝てたこと、連勝出来たことで全体のテンションは上を向いている。
熊本は反攻を始める!
先ずは鬼門の鳴門を制してゴールデンウィークを締めよう!

text by takana/photo by lee




posted by report at 19:23| 試合レポート

2013年04月19日

J2 第8節 V・ファーレン長崎戦(長崎県立総合運動公園陸上競技場) 2013年4月14日(日)



V・ファーレン長崎 1 - 0 ロアッソ熊本

爆発した悔しさ


試合終了後の数分間の沈黙。
そして、至る所からあがる怒りの声にブーイング。

8年ぶりの対戦は昨シーズンまでロアッソを指揮した高木長崎が勝利。熊本にとっては忘れられない敗戦となった。

この日駆けつけたサポーターは1000人を超えた。熊本からツアーバス16台、自家用車、公共交通機関を使って。また、関西、関東からもたくさんのサポーターがかけつけ、ここはホームかと言わんばかりの赤、赤、赤。

その勢いはウォームアップから爆発した。ホームのサポーターはもちろん、スタジアムDJの声すら聞こえない、いや、隣の仲間の声もかき消されるくらいに大きな声がスタジアムを包んだ。絶対に負けない。四連続引き分けを無駄にしないために選手とともに戦う。ホームでしかやらないHIKARIを選手とともに分かち合い、ピッチへと送る。おそらくアウェイで一番最高の後押しだったに違いない。

しかし、そんなサポーターの姿とは裏腹に、ピッチを駆け回る選手たちの姿は情けないものだった。軽率なプレー、消極的なパス。これだけの後押しがあるにも関わらずなにを恐れているのか。これまで自分たちがやってきたことが全くだせない。「高木さんがやってくる裏をかく」「高木さんに成長した姿を見せたい」誰が言ったのそんなこと。と言わんばかりのプレーの数々にサポーターもフラストレーションが溜まる。とにかく玉際すべて負ける。相手が10人になっても勢いは上がらない。どうしてしまったのか。俺たちの思いはつたわってないのか。

そして、失点。
肩を落とす選手とは対照的にサポーターは必死だった。一生懸命だった。あきらめなかった。

だから怒った。
共に戦う責任があると選手も口にしているし、もちろんそう思ってる。ピッチとスタンドの温度差にガッカリだった。

だけど、ここまで言ったのだからサポーターにだって責任がある。つぎの愛媛戦、現実から目を背けずに選手と共に戦うということ。次の試合。負けるわけにはいかない。勝利。ほしいのは勝利だけだ。

text by tokiyan/photo by lee

posted by report at 00:50| 試合レポート